婚期が遠ざかってしまう「恋愛弱者」が言いがちな危険ワード 婚期が遠ざかってしまう「恋愛弱者」が言いがちな危険ワード
画像出典: fotolia

婚期が遠ざかってしまう「恋愛弱者」が言いがちな危険ワード

2017年10月12日
「彼氏がほしいな~」なんて口では言うものの、出会いの場に対するためらいや趣味に対する熱意の方が勝って、なかなか恋愛できない女性が増えているようです。そんな女性はズバリ「恋愛弱者」なのかも。そこで今回は、そんな「恋愛弱者」がよく言ってしまう危険ワードについてご説明します。

「タイミングがない!」

恋愛弱者の女性が揃って口にするのが「今はそれどころじゃない」「恋に落ちる瞬間なんてない!」という、タイミングの問題。疑似恋愛できるアイドルや俳優などの熱狂的なファンの女性にもよく見られます。

恋のタイミングは、自分でつくるものです。タイミングがない、と言う女性は「自分に出会いがない」ことの言い訳にしてしまっている可能性があります。逃げ道をつくるのも自分を守るために大事なことですが、臆病になりすぎるのも恋を遠ざけてしまいますよ。

恋のタイミングは、自分でつくるもの
画像出典: fotolia

「私、恋愛に向いてない」

大失恋を経験してから「もう一生恋愛はしない!」「絶対に向いていない」と心に誓ってしまい恋愛弱者となった女性も。そして今は仕事一筋、という人は少なくありません。

たしかに大好きだった彼をうしなってしまったかもしれません。でも、過去に囚われすぎてしまうのも考えもの。忘れられない人がいたとしても、これからの未来とは別の話です。恋は「上書き保存」できると、シンプルに考えてみましょう。

「付き合うってめんどくさくない?」

恋愛にはドキドキして楽しいこともたくさんありますが、同時に嫉妬したり傷ついたりすることも。そして、どうしても自分の時間は減ってしまうものです。それならば、仕事と趣味と友だち、という平穏な暮らしの方が性に合うという女性もいます。

これは、過去の経験や友人の体験談などから恋愛にネガティブなイメージを持つ「恋愛弱者」が陥りやすい症状。そんな人にオススメなのが、ハッピーエンドの恋愛小説や少女マンガ。恋することに対して、ポジティブなイメージを描けるように努力すると吉。

ハッピーエンドの恋愛小説や少女マンガを読んでみて
画像出典: fotolia

「恋愛弱者」にはチャレンジ精神が大事!

結婚を考える年齢になると、自分の生き方やポリシーがしっかりと確立されてきます。大事に築いてきたそれを壊すことも、無下にする必要もありません。

では、どうやって「恋愛弱者」から脱するのか。それはズバリ、新しいものにチャレンジすることです。新しいコミュニティに加入すれば出会いも増えますし、違った人間関係に身を置くことで考え方も変化するものです。

たくさんの人から刺激をもらい、少しずつ恋に積極的になれるよう努力していきましょう。

執筆者:
花輪 えみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数