愚痴ってやっぱ言っちゃダメ?恋人に愚痴をこぼしたい時のお作法 愚痴ってやっぱ言っちゃダメ?恋人に愚痴をこぼしたい時のお作法
画像出典: fotolia

やっぱり「愚痴」ってダメ…?恋人に愚痴をこぼしたい時のお作法

2017年10月10日
愚痴って言っちゃだめって分かってるけれど、言わないとストレスが発散できない。特に恋人の前では甘えたくなって、つい思っていることを全てさらけ出したくなってしまいます。

しかし中には、アナタの愚痴に対して辟易されてしまったり、逆に彼からお説教されてしまったりと、愚痴が原因で恋人との関係が険悪ムードになることも…。今回は恋人に愚痴を言う時に気をつけたいことをご紹介いたします。

「聴いて欲しいだけなんだけど」と事前に言っておく

女性の愚痴に慣れていない方も多いです。そして、男性は多かれ少なかれ合理性を求める気質があります。つまり、“解決策のない話を聞くのに慣れていない・苦手”なのです。

そのため、いきなり愚痴をはじめると、彼は自然と「で、結局どうしたいの?」や「それはこう考えてみたらどう?」と問題解決へ促します

分かって欲しい、慰めて欲しい、認めて欲しい気持ちで愚痴を吐いている方にとって、この返事は辛いですよね。なので、そうならないように先に「どうにも吐き出したい愚痴があるんだけど、聴いてくれないかしら?」とお願いしてみましょう。

愚痴はただ聞いてほしいだけなのに
画像出典: fotolia

相手への悪口は言わずに、自分の感情を伝える

愚痴の内容は、大体決まって「対象となる人への悪口」が入ります。「〇〇さんのせいで私がこんなに大変な目にあった」や「友達とケンカしたけど、私は悪くないよね?」というような、何かしら相手へのネガティブな感情が含まれています。

それを彼に言ってしまうと彼は中立的な立場にたって相手のことも擁護しようとしてしまいます。なんせ実際に現場を見ているわけではないので、彼は何とも言えませんよね。なので、言い方を変えましょう。

「私はすごく悲しい気分になったの」「そういうことがあって疲れちゃったのよ」など、相手を否定はせずとも自分のナーバスな気持ちを伝えることは出来ます。そうすると彼にただしく感情が伝わりやすくなるかもしれません。

画像出典: fotolia

彼にして欲しいことを自分からお願いする

こうしたお作法を持って伝えても尚、男性的思考で要らぬ解決策を提案しようとする男性もいます。

そんな時は、彼に対して具体的にして欲しいことを言うのも一つの策です。「今、心が疲れているの。だから、大変だったねって声かけてくれると嬉しいな。」と、言うだけでOK。

どうしてあげるのが正解か分からない中で手探りで彼なりに慰めようとしています。それがもしアナタにとって間違っていたやり方だったとしても、彼をどうか責めないであげてください。そして優しく「こうして欲しい」とお願いしてみるときっと彼は素直に受け止めてくれると思いますよ。

彼にして欲しいこと
画像出典: fotolia

最後に「ありがとう」も忘れずに!

愚痴は時に吐き出さないといけません。しかし、愚痴に付き合った人に何の影響もないということはありません。ネガティブな感情は移るし、聴くという行為も中々、頭を使うもの

なので、必ずどんな時でも愚痴を言った後は「ありがとう」の言葉で締めてくださいね。たったそれだけで、今後も彼が積極的に話を聴いてくれるようになっていくはず。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい