難しいけど履いてみたい!初めてさんにオススメなカラータイツ 難しいけど履いてみたい!初めてさんにオススメなカラータイツ
画像出典: fotolia

デニール数がポイント!初めてさんにオススメな「カラータイツ」

2017年10月02日
レの季節。昨年とは違ったアイテムや、気になっていた着こなしに思い切って挑戦してみたくなりますよね。中でも難しいと言われているのが「カラータイツ」。

個性的で買う勇気がないけれど、黒タイツだけでは何だか物足りないと感じることはありませんか?そこで今回は、初めての方でも取り入れやすい、おすすめのカラータイツをご紹介します。

万能なカラータイツは「グレー」

外に取り入れると良いのはグレーのタイツ。重たい印象のつく黒に比べて、少しトーンが明るめなので、トップスやボトムが黒のブラックコーデの際には、グレーのカラータイツを合わせると良いです。

グレーと言っても、黒に近いチャコールグレーから、明るいライトグレーもあり、素材が変わることで見ための印象も大分変化します。最初は暗めのグレーから慣らして、トーンアップすると自然と取り入れやすいですよ。デニールは40~60が最適。

グレータイツ
画像出典: fotolia

秋色に挑戦するなら「ボルドー」

象徴する色と言えば、ボルドー。ワインレッドのように深い赤紫色は、色みがあるにも関わらず落ち着いた印象を作ることが出来ます。

この時期になるとタイツだけでなく、トップスやスカート、ニットでボルドーの色がたくさん登場するので、他人めから見てもボルドーのタイツは馴染みやすさを感じます

ボルドーの色は、自然光と室内光の色では大きく違って見えるので、出来るなら日中の光の下でタイツの色みを確認しましょう。新しく購入する際は、店内に窓があって陽の光りが差し込むお店で購入するのがベスト。

ボルドータイツ
画像出典: fotolia

デニール数をさげると取り入れやすくなる!

番足が美脚に見えるデニール数というのが、60デニール。ですが、着こなす洋服に合わせてデニール数を変化させるのが一番です。

カジュアルなデニムのスカートと合わせる時は、60デニールで暖かみのある着こなしを、反対に上品なワンピースと合わせる時は、20~40デニールのストッキングみたいな透け感のタイツを選ぶと良いでしょう。タイツは薄くて肌の色味が透けて見えるほど、上品かつ色気が出てきます。

このポイントを押さえて、ご自身の着こなしに似合うカラータイツを手に入れてみてくださいね。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数