太る人、太らない人の違いは「食べ方」にあった! 太る人、太らない人の違いは「食べ方」にあった!
画像出典: fotolia

太る人・太らない人の違いは○○○にあった!?

2017年09月18日
「私たち姉妹は同じ食事メニューなのに、どうして私ばかり太るのかしら……」「あの人はあんなに食べているのに、どうして太らないの?」このような“太りにくさの差”は、遺伝や体質によるものばかりではありません。毎食のちょっとした差が体型に大きく現れていることが多いもの。今回は、太る食べ方とやせる食べ方の違いに迫ります。

同じサラダを食べて、なぜ私だけ太る?

全く同じ量のサラダを毎日食べているはずなのに、妹はスリムで私はぽっちゃり……。何が違うの?

このような場合に多いのが、ドレッシングやマヨネーズなどの「調味料」の差。濃い味付けが大好きでたくさんかける人とそうでない人とでは、1食の違いは100〜200kcal程度だとしても、毎食に積み重なれば雲泥の差です。

煮物の味付けや、ごはんのお供なども同様。普段どのくらい食事にかけたり、のせたりしているかチェックしてみてください。素材のカロリーに自ら余分なカロリーを上乗せしている場合が多いです。

マヨネーズたっぷり
画像出典: fotolia

「食べて平気かな?」と恐る恐る食べている…

もう一つ、食べることに不安を感じたり、迷ったりしている人ほど同じ食事でも太りやすい傾向があります。なぜなら、いつも「食べたいけれど太りたくないから…」と我慢していたり、「どうしよう!食べちゃった!」と後悔したりして食事で満足することができないからです。

満足できないとストレスがたまり、耐えきれなくなるとドカンと食欲が爆発。びっくりするほど食べ過ぎてしまうという場合もあります。

スリムで美しい人ほど食事中に「おいし〜!!!」と幸せを噛み締めていませんか?実はこれがスリムの秘訣。食事でしっかりと満足感を味わうことで、余計な空腹を感じないようになります

スイーツを美味しく食べて
画像出典: fotolia

食べるものよりも食べ方を工夫

自ら余分なカロリーをうわ乗せしないようにしたり、一食一食を楽しんで食べたりすることで、ぐっとやせ体質に近づきます。まずは食べるもの・食べる量よりも、食べ方を変えていきましょう。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

ダイエットカテゴリから探す