キレイを遠ざけない「秋の夜長」の正しい過ごし方 キレイを遠ざけない「秋の夜長」の正しい過ごし方
画像出典: fotolia

キレイを遠ざけない「秋の夜長」の正しい過ごし方

2017年09月14日
秋は夏に比べると日照時間が短く、日が暮れるのが早くなりますよね。しかし、まだまだ夏の時間を引きずって私たちの睡眠時間は短い傾向にあるため、「秋の夜長」ということになるのです。皆さんは秋の夜長をどのように過ごしていますか?

秋の夜長にキレイになる人となれない人の境界線とは?

秋の夜長、スマホのゲームに没頭したり、ユーチューブで可愛い動物の動画などを見続けたり、SNSをひたすら眺めていたり。こんな過ごし方をしている人は、夏のダメージをリカバリーして秋にキレイを育む睡眠は、到底得られません

スマホの画面から発せられるブルーライトは、あらゆるデバイスの中でも非常に多く、かつ、顔との距離も近いため覚醒を促す作用が強力なのです。

夜にスマホをいじる
画像出典: fotolia

就寝直前までスマホをいじるような過ごし方をしていると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑制され、スムーズな入眠や質の高い眠りが得られなくなってしまいます。

秋は読書の秋ともいわれますから、光の刺激を受けない読書は最もおすすめの過ごし方です。

ただし、ホラーや長編の推理小説、興奮する内容のものは避けたほうがベター。ハッピーエンドのもので、できれば短編集など読み切りができる程度のボリュームが理想的です。あるいは、世界の絶景集や可愛い動物の写真集など、文字がないものもおすすめ。

本を読む
画像出典: fotolia

秋は睡眠を見直す絶好のチャンス!

高温多湿で寝苦しい夏とは違い、秋は気候が安定していることから、1年で最も眠りやすいシーズンともいえます。従って、睡眠を改善する習慣を取り入れ始めたり、自分の睡眠を見直し始めたりするには絶好の時季ともいえるのです。

まずは秋の夜長の過ごし方に気を付けつつ、ぬるめのお湯で入浴したり、就寝前に軽くストレッチをしたり、夕食を就寝3~4時間前までに終わらせたりするなど、快眠へつながる生活習慣を取り入れ、「最高の熟睡」をぜひこの季節をつかって体験してみてください。

きっと翌朝の爽快感、そして翌日の充実感はこれまで味わったことのないものになりますよ。

執筆者:
友野 なお

LINE@で美LAB.を

友だち追加数