秋の定番“チェック柄”。安っぽく見えないコツはコレ! 秋の定番“チェック柄”。安っぽく見えないコツはコレ!
画像出典: fotolia

秋の定番“チェック柄”。安っぽく見えないコツはコレ!

2017年09月18日
秋になると自然と着たいと思うチェック柄。でも、チェック柄って柄の具合やモノによっては安っぽく見えてしまうことがありませんか?キレイに着こなしているはずなのに、何かが違う…。その原因とは!?今回は、定番のチェック柄アイテムを高見えさせる技をご紹介します。

子供っぽい・安っぽく感じる原因は服の素材

もともとチェック柄というのは、老若男女問わずに着られる定番中の定番アイテム。オールラウンダー的アイテムだからこそ、どうしてもオシャレという印象より無難さを感じてしまうのでしょう。特に量販店には必ず一着は売っていそうなものですよね。

そんなチェックアイテムを取り入れる時は、トップスであれ、ボトムであれ必ず素材の質を見るようにしましょう。ペラペラな薄い素材よりも、ハリのある厚みの素材の方が持ちも良いし、シルエットもキレイに出ます。シンプルなチェックシャツならば、細身で厚地のネルシャツがおすすめ。

チェックシャツ
画像出典: fotolia

細かいチェックより、大きめチェックを選ぶ

チェックといっても、柄や大きさは様々にありますよね。チェックの目が細かいグラフチェック(方眼紙のような細かいチェック)やタッソールチェック(2色のラインが交差した細かい格子柄)は無難な印象をもたらします。

チェックそのものをメインにおいたコーディネートにするならば、チェックは細かい柄ではなく、大きな柄を選ぶのが正解です。遠目から見てもパッと目を引く大きなチェック柄は他のアイテムと合わせやすく使い勝手が良いです。ブロックチェック・ウィンドペーン・バッファローチェックなどがおすすめです。

チェックシャツ
画像出典: fotolia

ワンポイントで取り入れるとまとまりやすい

チェック柄は柄そのものが目立つ存在。一点集中でチェックをメインにおいたコーディネートにするならば、他の組み合わせるアイテムは定番のベーシックカラー(黒・白・紺・ベージュ・カーキ)で控えめにすることでバランスの取れたコーディネートを作れます。

もし、さじ加減が難しい場合は、ワンポイントでチェックを取り入れる方が安定したコーディネートの仕上がりに

例えばニットのインナーにチェックシャツを着て、襟と袖のワンポイントにチェックを見せる。黒のジャケットのインナーにチェックシャツを取り入れる。バッグにチェック柄を取り入れてみるなど

他のアイテムを目立たせて、脇役程度にチェック柄を添えるとさりげなく、オシャレな印象になるので、皆さんも是非試してみてくださいね!

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数