その一言で一気に老け込む…?オバさん化を促進する発言 その一言で一気に老け込む…?オバさん化を促進する発言
画像出典: fotolia

その一言でオバさん認定!?一気に老け込むNGワード3つ

2017年09月09日
変わりゆく年齢に応じて、ファッションや立ち居振る舞いを変化させていくのは、とても大切なこと。大人の女性には、大人の女性らしい対応や発言を常に意識していたいものです。

しかし、中には自分の年齢を過剰に意識し過ぎて、周囲から逆にオバさんっぽく見られてしまうことも少なくありません。

今回は、何気ない一言がオバさん認定されてしまう。NGワードをご紹介します。

「いいよね、若いって」

恋愛や仕事など、何かにがむしゃらになっている年下を見て、つい言ってしまいがちな一言がこのワード。何かに一生懸命になれる彼らを見て、どこか懐かしさを覚えていたり、時に羨ましく感じて発しているのかもしれません。

しかし、その反面でこの一言には「若い時代を過ぎた大人が、高見の見物で若い子を観察している」とまではいきませんが、気楽なポジションで、ゆったり構えている余裕さを感じさせます。それが結果的に、オバさん感を醸し出している可能性があります。

時々使う分には良いとしても、多用しないように注意しましょう。

NGワード!
画像出典: fotolia

「むりむり~、もうそんな体力ないよ!」

これは私自身がよく言ってしまいがちな発言です…。当然、年齢に応じて基礎体力がなくなっていることを年々実感していきますので、体力のあることは避けたいと思う年頃です。

例えば数年前なら遊園地も丸一日いたものが、最近では、いられて半日程度で満足したり。

そんな日常の中で、体力を要する時につい、こうした一言を発してしまいがちですが、体力がないと自分で言えば言うほど、どんどん体力はなくなっていきますので、戒めのためにもこの一言を封印してみるのはいかがでしょうか。

健康の大切さを身にしみて実感できる年齢だからこそ、意識して体力を高めましょう

もう歩けない…
画像出典: fotolia

「もう〇〇歳だよ?おばちゃんだよ~」

発した言葉は言霊となり、その通りの現実を惹き寄せるという力を持っています。少しスピリチュアルな言い方をしましたが、実際に毎回、「自分はオバちゃん」と言い続けることで、気持ち的にも不思議と老け込んでしまうことがあります。

無理に若作りをしたり、まだ若いよ!という公言する必要はありません。ただ、自分の年齢を自虐的な冗談でネタにするのは、自分にとっても周りにとっても良いことはありませんので、控えましょう。

何気ない一言が、人生を変える

年齢に応じた振る舞いは必要ですが、老け込むような発言をする必要はありません。いくつになっても年相応の美しさと若々しさは、常にどんな人の中にも存在しています。

30代の女性が30代とは思えない健康美を目指すように、40代の女性が40代とは思えない色気と美しさを保持するように、年齢に応じた魅力と、それに見合う発言を意識して楽しい一日を過ごせるように…♡

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい