「不倫経験者の女性は、幸せな恋ができなくなる」理由とその対処法はある? 「不倫経験者の女性は、幸せな恋ができなくなる」理由とその対処法はある?
画像出典: fotolia

「不倫経験者の女性は、幸せな恋ができなくなる」理由とその対処法はある?

2017年08月29日
ゲス不倫を皮切りに、マスコミが嫌というほど取沙汰している不倫。一線を越えているのは、なにも有名人だけではありません。一般の人でも、不倫はそこらへんで発生している恋愛の一事案です。

不倫に片足をつっこんでいる女性がいたら、全力で止めるは筆者のモットー。不倫を経験してしまうと、以後、幸せな恋愛ができなくなる恐れがあるのです。今回はその理由をご紹介します。

「誰にも言えない孤独」が表情に暗い影を落とす

不倫をすれば、大きな孤独を味わい、心を傷つけてしまいます。社会的に「悪」とされているので、不義の恋に味方もほとんどいません。仲の良い友人ほど、不倫の相談をすれば「やめなさい」と止めるでしょう。

不倫中の女性は誰にも相談できず、孤独や自己嫌悪を味わうことになります。やがて表情には暗い影ができ、魅力がそぎ落とされる。不倫をふっきれたとしても、しばらくは暗い影を背負い、新しい恋もスタートしづらくなってしまいます。

孤独なイメージ
画像出典: fotolia

「セカンド」というコンプレックスに慣れてしまう

既婚男性と付き合うわけですから、女性は「セカンド」のポジションになります。いつも「1番になれない」というコンプレックスに、押しつぶされることになるでしょう。

お正月やクリスマスなど、大好きな人と一緒にいたい時間に、彼が優先するのは家族。わかっちゃいるけど、女性はとても傷つくものです。

また、セカンドに慣れてしまうのも危険。次の恋をするときも1番を目指さず、遊び相手で満足してしまう傾向もあるようです。

「男は裏切るもの」と潜在意識に刷り込まれる

不倫をすることにより、全ての男性への不信感がつのります。出会いを求める段階でも「男は浮気をするもの」とマイナスイメージから入り、次の恋をしても「彼はどこかで私を裏切っているはず」という思いがぬぐえません。

男性への不信感があると、幸せな恋愛や結婚が成就しづらくなります。むやみに浮気の証拠を探して、破滅を迎えるのもこのタイプです。次の恋では「彼は絶対裏切らない」と大きな自信を持つことが大切です。

不信感のイメージ
画像出典: fotolia

「ファーストな恋愛」で自信を取り戻そう

いかがでしたか。不倫は、女性の心の奥深くに傷を残す、非常に罪深き恋です。

中には、魅力的な既婚男性からの誘いに陥落しかけている人もいるかもしれません。しかし、不倫はやめたほうがいいと、筆者は強く主張します。

もし上記が当てはまってしまった経験者の方は、まずはセカンドコンプレックスから抜け出すこと。次の恋では「セカンド」に甘んじてはいけません。誰かの男性の1番になること。そこから、男性への信頼感や幸せな恋愛を取り戻すことのきっかけになります。

執筆者:
東 香名子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい