気づいてる!?夏でも身体は冷えている!冷えから守るために意識したい4つのこと 気づいてる!?夏でも身体は冷えている!冷えから守るために意識したい4つのこと
画像出典: fotolia

夏冷えに気づいてる!?冷えから守るために意識したい4つのこと

2017年08月15日
暑い季節が続く中、クーラーの効いた部屋に長時間いたり、冷たい食べ物や飲み物を取ったりして少しでも涼しく感じるように過ごしたいですよね。身体にこもる熱をとることはとても大事ですが、気づいたら足先や手先などが冷え切っていたりしませんか?

身体が冷え切った状態が長く続くと、冬の冷えを強く感じたり、お肌にも悪影響をもたらす場合があります。意外と多い「夏の冷え」から守るために意識したい4つのことをご紹介します。

■夏の冷えから守るために意識したい4つのこと

(1)湯船に浸かってしっかりと温まる
夏場は暑いし、スッキリと簡単にシャワーだけで済ませがちになっていませんか?日中、汗をかき、クーラーに当たり続けて身体は冷え切っています。暑くても湯船に浸かり、身体を温めるようにしましょう。

目安は38度~42度くらいのお湯に浸かり、身体の芯から温めることで冷えを予防する他、筋肉の疲労を和らげたり、むくみや肩こり、腰痛などにも効果的。

入浴のイメージ
画像出典: fotolia

(2)入浴中や入浴後はマッサージやストレッチをセットにする
入浴時間を有効に使ったり、入浴後にテレビを見ながらでもいいので、足先や手先をグーパーして閉じたり開いたり、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすようにマッサージしたり、身体全体をしっかり動かしてストレッチすることでリンパの流れや血液循環が良くなり、冷えの予防やその日の疲れをリセットします。

疲れがたまっていたり、足先や手先、身体が冷えすぎていることで朝スッキリ起きづらいということもありますので、身体を温めることで翌朝の目覚めも良くなることも。

(3)日常の中で運動することを心がける
日頃からウォーキングやジョギングなどができればいいですが、なかなかそうもいかないことも・・・。日常の生活の中で簡単な運動を心がけましょう。

エレベーターを使うところを階段を使ってみたり、駅を一駅手前で降りてみたり、ちょっとだけ遠いコンビニまで歩いてみたり、休憩時間に腕を伸ばしてストレッチしてみたりと日常の生活の中で運動を意識してみませんか?

ちょこちょこ動かすよりも、大きな動きをする方がいいですよ。

階段のイメージ
画像出典: fotolia

(4)根菜類を意識して食べよう
夏野菜の特徴は暑い夏を乗り切るためにも水分を多く含み、体温を下げてくれるものが多いです。その反面、冷たく水分が多い食材は身体を冷やしすぎてしまう場合もあります。

そんな時には根菜類を活用した食事を意識してみましょう。人参やごぼう、里芋やサツマイモ、生姜や大根、かぶなどは常にスーパーなどにもありますよね。

朝や昼間の良く活動する時間は夏野菜を摂りいれ、夜は根菜類や温かい食事を意識しましょう。

最後に

このように、クーラーだけではなく、汗や日頃取り入れている食材により、身体の内側も外側も冷え切っていることがあります。

入浴やマッサージやストレッチなどで身体の外側から温め、食事で身体の内側を温める意識をしてみてはいかがですか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数