ジム・スタジオ通いが長続きする人の特徴 ジム・スタジオ通いが長続きする人の特徴
画像出典: fotolia

ジム通いが続かない!5つの性格からみたジム・スタジオの選び方

2017年07月13日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。スポーツジムやヨガスタジオ、プールなどに通った、または通おうと検討したことはありますか?あるスポーツジムでは、新規に入会した人も一年経つと半数の人がやめてしまうそうです。

やめるのには様々な要因がありますが、ジムやスタジオ通いが続く人と続かない人の違いは一体何でしょうか。今回は、そんなお話をご紹介し、楽しい趣味・フィットネスライフに役立てていただければと思います。

人との関わりが好きな人

特に社交的な人や、人と話すことでストレスを解消する傾向がある人は、ジムやスタジオのスタッフの方に話しかけてもらえる雰囲気の良さ、一緒にレッスンを受ける仲間がいて励まし合えること、インストラクターに会うことで元気になる、といった人の関わりを見つけると長続きされる方が多いです。

独りで黙々と集中するタイプの人

元々運動部の出身で、運動の楽しさややり方を知っている人の中には、プールやランニングマシン、筋トレなどを独りで黙々と集中してできる環境のあるジムにはまることがあります。

普段仕事などで疲れていて、人と話したり気を使ったりするのは避けたい人にも効果的です。

ランニングマシンのイメージ
画像出典: 美LAB.

非日常空間にはまる人

スタジオによっては、コンセプトによって照明を落としていたり、アロマを焚いていたりと工夫を凝らしていて、入ると非日常に浸れリフレッシュになります。それが運動の効果と相まって、気分転換・ストレス解消になり、長続きするのです。

目標がある人

フルマラソンを完走する、結婚式に参加するなど、期間限定であっても目標がある場合は、それに向けてイメージを明確に持ってモチベーションが高まっているので、気分よく続けられるでしょう。

きっかけはそういった目標であっても、続けているうちに運動そのものが楽しい趣味になり、生き甲斐になることもあるでしょう。

ジムに通うイメージ
画像出典: 美LAB.

自立している人

色々とダイエット法を試しては投げ出したり、ジムに通ってはやめるクセがある人は、うまくいかないのをどこかで人・モノ・事のせいにしていないでしょうか。

「あの人に頼めば、うまくいくはず」「何とかしてもらおう」という心ではなく、「誰に頼んでも、最後には自分でやる」という意識を持っている人は、長く続きやすいものです。

おわりに~性格を見極めて

いかがでしたか?自分の性格を見極めて、それに合った特徴や雰囲気を持ったスタジオやジムを見つけると、楽しく続けることができそうです。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数