色っぽさアップメイク!?ボルドー囲み目メイクにチャレンジ♪ 色っぽさアップメイク!?ボルドー囲み目メイクにチャレンジ♪
画像出典: fotolia

色っぽさUP!ボルドーを使った「囲み目メイク」にチャレンジ♪

2017年07月02日
マンネリ化しがちなデートメイク。カラーアイシャドウを上手に使って、色っぽさをアピールしてみてはいかがでしょうか?

上手に囲み目メイクをして、デートメイクに使ってみませんか?

囲み目メイクと聞くと、ブラックのアイラインでガッツリと目の周りを囲むメイクを想像するのではないでしょうか。そういったメイクで目力アップを狙うのも良いですが、キツい印象になりがちですよね。さらに、10年ほど前に流行したメイクでもあるので、一歩間違えると古くさいイメージになってしまうかも。そこでおすすめしたいのが、カラーアイシャドウで囲み目メイクをする方法です。

あなたはデートのときに何色のアイシャドウを使っていますか?ベージュ系やブラウン系など、ナチュラルに見えるものをチョイスする方も多いでしょう。ナチュラルメイク志向の今、さらに、男性ウケが良いのもナチュラルメイクだといわれています。

でも、だからこそ無難でマンネリ化したメイクになりがちです。たまにはいつもと違ったメイクをして、彼をハッとさせてみてはいかがでしょうか?

ピンクとボルドーアイシャドウで色っぽメイク♪

色っぽいメイクを目指したいときにおすすめなカラーが、ボルドーです。ピンクとボルドーの2色を使ってメイクしてみましょう。どちらもラメが入ったタイプのものがおすすめです。

メイクのイメージ
画像出典: fotolia

Aの部分にピンクのアイシャドウを塗ります。アイホール全体にふんわりと乗せるイメージです。チップよりもブラシの方が適しています。

Bの部分にボルドーをオン。目頭側は二重幅程度、中央部分から目尻に向かって塗る範囲を広くしていきましょう。AとBの境目部分は何もついていないブラシでボカすと自然です。

メイクのイメージ
画像出典: fotolia

目を開けたときに、Bの部分が下まぶたにつながるようにします。下まぶたに塗る際は、細チップを使うのがおすすめです。下まぶた全体にボルドーを塗ると、やり過ぎ感が出てしまうことも…。

目尻側は涙袋の幅を目安にし、瞳内側部分に向けて徐々に狭くしていくのがポイントです。

抜け感がほしい場合は、あえてノーアイラインにすると良いでしょう。ボルドーで囲み目メイクをするとインパクトが出やすいので、引き算メイクにするのです。

メイクの全体イメージ
画像出典: fotolia

マンネリ化しやすいデートメイクにも変化球を!

ベージュ系、ブラウン系ばかり使っていた…という方は、こちらのメイクを試してみてはいかがでしょうか?ピンクとボルドーは相性が良いので、複雑そうなグラデーションも少し練習すればマスターできるはず。いつもとは違ったあなたをアピールしてみませんか?

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数