ちゃんと理解している?オーガニックコスメの選び方 ちゃんと理解している?オーガニックコスメの選び方
画像出典: fotolia

ちゃんと理解している?オーガニックコスメの選び方

2018年02月21日
最近当たり前にもなってきている「オーガニック」や「オーガニックコスメ」という言葉。オーガニックって書いてるからと言って本当にそれはオーガニックなのでしょうか?再度、おさらいしながらオーガニックコスメを選んでみませんか?

■オーガニックコスメとは?

オーガニックとは「農薬や化学肥料を使わず、有機栽培で育てた植物や農作物のこと」であり、オーガニックコスメとはそれらの植物や農作物を使ってできるコスメや化粧品のことです。

身体やお肌などに余計な刺激を与えないために原料そのものにもこだわり、人工的な肥料や農薬、薬品を使わないということはもちろんのこと、遺伝子組み換えや製造過程にも注意されています。

オーガニックコスメの特徴は、お肌にとって刺激となる化学物質を含まないので優しいのはもちろん、お肌そのものの機能を高めようとする目的としても作られています。即効性が強いわけではないですが、植物の持つ力や抗酸化物質の効果によってお肌を強くしていくという意味です。

オーガニックコスメ
画像出典: fotolia

■通常の一般コスメは?

一般的に販売されているコスメなどには界面活性剤や合成ポリマーなどが配合していることで、サッと早くメイクを落とすことが出来たり、防腐剤が入っていることで長期保存はもちろん、大量生産もできるので価格を抑えることもできます。

よく表記されている、自然派コスメとは植物抽出エキスやその成分を多めに含んでおり、合成成分が含まれている場合もあります。無添加コスメとは「旧厚生労働省指定のアレルギー反応を起こす危険性のある化粧成分を抜いた」という意味であり、これも合成成分が含まれている場合があります。これら自然派コスメと無添加コスメはオーガニックコスメは別物です。

お肌にトラブルが起きなければ問題はありませんが、気になる場合は確認するようにしましょう。

■オーガニックコスメを選ぶポイント

(1)オーガニック団体のロゴ入りのものを選ぶこと
世界にはいくつものオーガニックコスメの認定協会が存在します。オーガニックコスメを購入する際は以下のロゴをチェックしてみましょう。

・BDIH(ドイツ)
世界初の本格的なナチュラルコスメのガイドラインがあり、厳しいガイドラインであることも有名です。

・ECOCERT(フランス) 
国際有機認証機関で世界最大規模の団体で、原料だけではなく、製造工程や生育に使う土壌被害なども検査基準があります。

・ecobio(フランス)
フランス通商産業省のオーガニック認証制度。政府組織による認証機関であり、基準をクリアした製品にロゴが与えられます。

・COSMEBIO(フランス)
エコロジカル・オーガニック化粧品の関係者団体であり、化粧品メーカーや原料の会社によって構成されている団体です。

・USDA(アメリカ)
アメリカの政府組織。アメリカでは統一されてーーがニックコスメ基準がないためUSDAのガイドラインが
一般的に採用されています。

・ACO (オーストラリア)
当初はオーガニック食品の認定のみでしたが、現在はコスメなども認定しています。

オーガニックコスメ
画像出典: fotolia

(2)有害成分が配合されていないものを選ぶこと
コスメに入っている有害成分とは?

・パラベン
スキンケア製品、シャンプー、コンディショナーなどの液体製品に入っている水の腐敗を防ぐための防腐剤。
プロピルパラベン、エチルパラベンなどとも記載されており、ホルモン以上や発がん性も認められています。

・ホルムアルデヒト
ベビー用品やヘアケア用品、マニキュアやボディソープなどに配合されていることが多く、経皮吸収によって発がん性があるとも言われています。

・鉛
口紅や歯磨きやコスメなどに配合されており、神経障害や胃腸障害、生殖機能不全や腎機能障害の影響にもなります。

・ニトロソアミン

ファンデーション、マスカラ、コンシーラーなど化粧品全般に使われている発色剤です。黒ずみ防止のために食品に含まれていることもあり、危険度の高い成分です。

(3)オーガニックコスメという表記に惑わされず、配合成分を確認してから購入する
オーガニックコスメだからといって、どんな肌のタイプでも大丈夫かはその人それぞれです。とても敏感肌でも健康肌であったとしても、オーガニックコスメに配合されている「植物成分」が肌にとって合わないといった場合もあります。

コスメを選ぶ際はオーガニックコスメでなければいけない!というわけではありませんが、「コスメに配合されている成分が肌質に合うかどうか」「何を求めるか」「何を選ぶか」がポイントです。自身のお肌に合うものを選び、取り入れるようにしましょう。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数