仕事モードのネイルをチェンジ!セルフアートで休日の指先を華やかにする方法。 仕事モードのネイルをチェンジ!セルフアートで休日の指先を華やかにする方法。
画像出典: fotolia

仕事モードからチェンジ!休日の指先を「セルフアート」で華やかにする方法

2017年07月02日
仕事上派手なネイルはNG。「もっといろいろなデザインをしたいのにできない」こんな悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃることでしょう。とは言え会社の決まりごとに反抗するのはかえって逆効果になってしまいます。こんな悩みを少しだけ解決!ネイルアートだけをセルフでプラスして楽しむコツをお伝えします。

市販のネイルアートグッズを使ってみよう

ネイルアートをセルフでできる商品が売られているのを良く目にします。これを使って華やかにしたい時だけバージョンアップさせてみましょう。かわいいアートステッカーを使えば、簡単にサロンレベルのペイントアートを楽しむことができます。

キラキラと華やかにしたいときはラインストーンを使って飾ってみてはいかがでしょう。お出かけの時だけ保ってくれれば良いのですから、手持ちのトップコートで接着するだけで大丈夫です。多少大きくても気兼ねなく挑戦できますね。スッテカーやラインストーンを付けた後は念のためにトップコートで一度コーティングをしておくと、取れにくくなるだけではなくツヤ感も出て綺麗に楽しめます。

ネイルアートのイメージ
画像出典: fotolia

休みの間に思いっきり楽しんだ後は除光液を使って取ってしまえばOK

でもここで一つ注意があります。あまりゴシゴシ擦ってしまったり、強引に剝がしてしまうとベースのジェルネイルや地爪を痛めてしまうこともあるので、丁寧にやさしく行いましょう。さらに除光液を使った後は必ず手を洗い保湿をすることをお忘れなく。

ケアがやっぱり大切です。

華やかなデザインで指先を飾っても爪の周りが白くカサついていたり、ささくれができている指先では何をしても台無しになってしまいます。どんなステキなデザインもきちんと手入れをしている手指だからこそ、キレイに輝いてくれるのです。

「ケア」はプロに任せて頂く工程とセルフで行っていただく工程があり、それぞれをきちんと行うことでセルフアートがキレイに仕上がり、長持ちします。

プロにお任せいただく「ケア」は「甘皮のケア」です。これはセルフではかえってダメージを与えてしまうこともあるので、ネイルサロンで「ケア」をしてもらいましょう。セルフで行なっていただく「ケア」は「保湿」です。

保湿はクリームやオイルを塗るばかりでなく、水仕事の際にはゴム手袋などを使用して手指の保護をすることや、洗浄で汚れを落とし清潔にすることも大切な「ケア」に含まれています。セルフのケアこそ素敵な手指を手に入れる大きなポイントです。

保湿をするイメージ
画像出典: fotolia

おわりに

オフィスモードのネイルはシンプルにワンカラーやグラデーション、フレンチなどが好まれます。あなたにあった肌映りの良い色や指が長く見える爪の形などを選ぶことで、シンプルでもアピール力が違います。

ネイルサロンで施術を受けるときに担当のネイリストの方にあなたの手に合う長さや形、色をもう一度相談してみましょう。ベースになるネイルが素敵に仕上がっていれば、オフの日のセルフアートがますます際立ちますよ。

執筆者:
sylvan

LINE@で美LAB.を

友だち追加数