日やけ知らずの透明感!気づいたらやけを防ぐハンド&フットの紫外線対策 日やけ知らずの透明感!気づいたらやけを防ぐハンド&フットの紫外線対策
画像出典: fotolia

日やけ知らずの透明肌に!「うっかり焼け」を防ぐハンド&フット紫外線対策

2017年06月23日
みなさんこんにちは!ネイリストのNUMAです。日やけ止めを塗っているのに手足がやけてしまい、時計や指輪、サンダルの日やけはなかなか戻らないことも。そんな、サロンでも多いご相談である「手足の日焼け対策」についてご紹介します。

1.はじめは保湿

乾燥したお肌は潤いを保ったお肌に比べ 、お肌のバリア機能が低下している為、紫外線の影響をうけやすくなります。毎日のお手入れで水分と油分をしっかり補給し、手足をきちんと保湿しましょう。

保湿のイメージ
画像出典: fotolia

2.日やけ止めの使用方法チェック

使用方法を間違えてしまうと、効果は半減してしまうことも。まずは商品の使用方法の表記を見直しましょう

最近の商品はスプレータイプや2層タイプでも、振り方、塗り方などを細かく表記してあるものが多くみられます。「よく振ってからお使いください」のみとなっているものは、カラカラと音がしっかり聞こえるように5秒程度振りましょう。

3.塗り方

手足にムラなく塗るのが大切です。擦り伸ばしはお肌にNG!ムラにもなるので紫外線ブロックされる箇所にバラつきがでてしまいます。摩擦が起きず、滑るように塗れる量をとりスルスルと優しく塗りしましょう。

スプレータイプは、左右上下にやりやすい方向で往復させながら、数回重ねて塗布しましょう。手足の指の間や手首足首もお忘れなく♪

塗るイメージ
画像出典: fotolia

最後に

外出する30分前には塗り終えておくとより効果的です。汗をふきとった後や、手を洗った際にはつけなおしましょう。塗布タイプが苦手の場合は紫外線ブロックのグローブなどがオススメです。

手足の日やけはミシ、シワの原因だけではなく、老け手、老け足のはじまりです。きちんとケアをして、夏も美しい手足で気持ちよく毎日を楽しみましょう!

執筆者:
沼澤 康子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数