意外と夏も乾燥肌!?意外と使えるミスト化粧水の活用法 意外と夏も乾燥肌!?意外と使えるミスト化粧水の活用法
画像出典: fotolia

夏も乾いてる!意外と使える「ミスト化粧水」の活用法3つ

2017年06月21日
冬だけではなく、夏もお肌の乾燥が起きていることをご存知ですか?汗や皮脂の分泌が盛んになり、お肌内部の水分は少なくなって意外と乾燥していることがあります。お肌が乾燥してカサカサした状態が起きると皮がめくれたり、痒い、プツプツ肌荒れが起きたり、メイク崩れがしやすいといったことが起きやすくなります。そのようなトラブルを起こさないためにも、しっかり保湿ケアを行うことが大切。夏でも乾燥するお肌に役立つミスト化粧水を活用する方法をご紹介します。

■ミスト化粧水の活用方法とは?

水が主成分になっているミストタイプの化粧水はお肌に水分を与え、保湿をし、お肌を整えるだけではなく、色んな活用の仕方があります。

外出先でも簡単に乾燥から防ぐことができるので覚えておいてくださいね。

(1)化粧水、ブースターとして活用

一番メジャーな使い方は、お風呂あがりの化粧水代わりに使う方法です。

ミストタイプはキメ細やかにまんべんなく吹きかけることができるのでお手軽です。ですが、量的には少ないこともあり、思っているよりもお肌に浸透していないことがありますので、シューっと吹きかけ、手のひらで馴染ませるを2、3回繰り返すことをオススメします。

もしくは、化粧水前のブースターとして活用する方法もありです。一度シューっとミストし、ボトル状の化粧水を手に取り、お肌に馴染ませましょう。

化粧水代わりに使うイメージ
画像出典: fotolia

(2)メイクの仕上げに活用

メイクをした後にシューっとひと吹きして、仕事先のエアコン乾燥などから守るのもポイント。

休憩時間や仕事終わりなど、メイクのお直しにもシュッとひと吹きし、軽くティッシュで押さえてからメイクを直すとキレイに仕上がります。余分な皮脂をサッと抑えられるので化粧崩れの防止にもなります。

メイク後に使うイメージ
画像出典: fotolia

(3)ヘアスタイリングとしても活用

夏になると紫外線などで髪も日焼けしたり、カラーリングのダメージなどで髪の内部も外側も水分が奪われます。

朝出かける前にシューっとミストしたり、出先でシュッとミストするのも良いですね。パサパサの潤いのない髪よりも、みずみずしい潤いのある髪の方がキレイなので活用しましょう。

髪にスプレーをするイメージ
画像出典: fotolia

これから暑くなる季節となり、汗や皮脂の分泌も盛んになりますが、お肌の中はインナードライが起こりやすい時期でもあるので、日頃のスキンケアやお出かけ前や出先などでサッとミストをひと吹き活用してみてはいかがですか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい