メイクしたまま寝ると5歳老ける!?そんな時の応急スキンケア メイクしたまま寝ると5歳老ける!?そんな時の応急スキンケア
画像出典: fotolia

メイクしたまま寝ちゃった!そんな時の応急スキンケア

2017年06月19日
つい、疲れて帰ってきてメイクしたまま寝てしまった、夜更かししてメイクをしたまま寝てしまった・・・など一度は経験ありませんか?メイクをしたまま寝ると、肌年齢が5歳老けるとも言われています。そんな事はお肌にとって良くないのでやめてほしい事ですが、そんな時に使える応急スキンケア法をエステティシャンの筆者がご紹介します。

■うっかり化粧したまま翌朝になってしまった!!応急スキンケア法

(1)まず、クレンジング・洗顔でメイク汚れを丁寧に落としましょう。
長時間メイクをしたままだとメイクアップ化粧品の油汚れと外気汚れ、皮脂が合わさりギトギトになっていたり、お肌の水分が奪われカピカピになっていたりする事がありますよね。しっかり丁寧にクレンジングや洗顔を行い、メイク汚れを落としましょう。

画像出典: fotolia

(2)ホットタオルで蒸す
毛穴の奥にまでメイクアップ汚れがこびりついている場合があるので、お水で濡らして絞ったタオルをラップに包みレンジで40秒程温め、お肌に乗せ毛穴を開かせましょう。

(3)毛穴を美容オイルでマッサージ
毛穴に残っている汚れを浮かせるために、美容オイルを使って汚れを浮かせましょう。マッサージを行うことでお肌の血行も良くなり、くすみをリセットでき、長時間メイクで水分が奪われたお肌の乾燥をカバーすることもできます。

マッサージが終わったら、お水で洗い流します。

画像出典: fotolia

(4)化粧水と美容マスクでたっぷりと水分補給
コットンに化粧水を取りお肌全体にサッとなじませ、繰り返しコットンに化粧水を足したっぷりと水分を与えます。そのあとはシートマスクなどで美容成分の栄養をしっかりとお肌に与えましょう。

画像出典: fotolia

(5)最後に乳液・クリームで整える
お肌に水分補給を行なった後は、お肌から水分を逃がさないように必ず乳液・クリームで油分を補いフタをします。

画像出典: fotolia

メイクをしたまま寝ることは衛生上も、お肌のためにもよくありませんが、もし「メイクしたまま寝てしまった・・・」という翌朝は、お肌がくすみ乾燥していることが多いので、見た目や印象が全然違います。

落としてすぐにまたメイクをしなきゃならない!という場合もありますので、お肌へのダメージや負担を考えしっかりと補うことがポイントです。

「やってしまった!!」という時に是非、応急スキンケア法を取り入れてみてくださいね。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数