Notおばさん!スカーチョのこなれた着こなし技 Notおばさん!スカーチョのこなれた着こなし技
画像出典: fotolia

NOTおばさん!ダサくならない「スカーチョ」のこなれた着こなし技

2017年06月13日
楽チンで動きやすくて、適度に女っぽい。そんな2粒も3粒も美味しいファッションアイテム、スカーチョの人気は依然高いままです。しかし、そんな優秀アイテムにデメリットがないとは言えません。楽チンないっぽうで、コーディネートの選び方次第で、スカーチョは途端におばさんっぽく変化してしまうのです。なんとしても避けたい「おばさん化ファッション」。スカーチョのオシャレの着こなし技をご紹介します。

トレンドのトップスを取り入れる

着こなしによって「無難感」と「おばさんっぽさ」を感じさせてしまうスカーチョをトレンドっぽいくオシャレに取り入れるには、旬なアイテムをコーディネートのどこかにしっかり取り入れることにあります。例えば、トップスは今年トレンドの“首つまりノースリーブトップス”と組み合わせるなど。

シンプルだけどシルエットが今っぽいトップスを意識的に選ぶことでスカーチョが一気にオシャレさをまとっていきます。

足元はキレイめなヒールパンプスを

最近はヒールパンプスよりも、オペラシューズやスニーカーなど、メンズライクなものやフラットシューズがトレンドです。しかし、スカーチョは丈が長めで、アイテムによってはふっくらし過ぎているシルエットから、足が細い方でないとスニーカーやフラットシューズを組み合わせるのはやや危険…。

それよりもどんな人でも失敗が少ないのがキレイめのヒールパンプス。つま先はラウンドよりも、ポインテッドで女らしく。ヒールの太さはやや太めのチャンキーヒールで安定感をだしても良いですね。

画像出典: fotolia

ヘアスタイルやアクセも忘れずに

おばさん化したコーディネートになってしまうのは、組み合わせるトップスも無難なものであったり、靴やバッグも楽チンなものを重視して選ぶことが大きな原因となっています。

楽チンだけど、あくまでオシャレを楽しむ気持ちでトレンドアイテムを取り入れたり、バランスを考えることでオバさん化が防げますので、鏡の前でのチェックもぜひ、お忘れなく♡

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数