髪の毛だって紫外線予防を!冬の余ってしまいがちなシアバターでヘアケアを 髪の毛だって紫外線予防を!冬の余ってしまいがちなシアバターでヘアケアを
画像出典: fotolia

夏場でも大活躍!余ってしまった「シアバター」でヘアケア♡

2017年07月08日
冬場に購入したシアバター。保湿のために使っていたけど余ってしまったという経験はありませんか?また、夏場にシアバターは重たすぎる!と思っているあなた。そんなあなたにおすすめしたい、シアバター活用法をご紹介します。

≪シアバターのおさらい≫

シアバターはナイジェリアやガーナなどの暖かい地域に生息する、シアバターノキの種子から作られるバターです。

これらの地域では食用はもちろんのこと、傷や火傷の治療薬としても使われてきたそう。さらには日焼け止めにも使用され、赤ちゃんの全身にもシアバターを塗るところもあるようです。

お肌の保湿効果を期待できるアイテムとして有名なシアバターは、とっても万能。顔や体、ハンドクリームやリップクリームかわりにと、1つのアイテムで全身保湿が叶います。

しかし、意外と知られていないのがヘアケアとしても使えるということ。髪の毛にも優しいシアバターを、どのようにして活用したらよいかご紹介していきます。

シアバターのイメージ
画像出典: fotolia

実は髪の毛にも良いって知ってた?

突然ですが、背中のニキビでお悩みの方も多いのではないでしょうか?この時期は特に、背中や肩の出る洋服を着ることが多い時期。特に今年は、バックコンシャスな背中が開いたデザインがトレンドになっています。

そんなこの時期に、背中にニキビがあっては、夏も楽しめないですよね。その背中ニキビの原因の一つといわれているのが、ワックスなどの整髪料。さまざまな成分が入った整髪料が、背中や肌についたまま、汗をかいたりすると肌荒れの原因になってしまうことがあるのです。

そこでおすすめなのが、シアバター。リップにも使えるほどのものなので、もちろん肌についても大丈夫紫外線を予防する効果も期待できるので、髪の毛のダメージも防ぐことができそうです。

さらに傷んだ髪の保湿にぴったりなので、傷みや乾燥でパサパサになった髪の毛に使用してあげるのもGood。

髪の毛に使うイメージ
画像出典: fotolia

おすすめのヘアケア方法を伝授

【ヘアケア法いろいろ】
1.シャンプー前のヘアパックとして
2.ドライヤーの熱によるダメージ防止のため、ドライヤー前に使う
3.ヘアワックスとして


今回は毎日活用できるヘアワックスとしてのケア法をご紹介します。

《ヘアワックスとしてのケア法》
1.まずはシアバターを用意します。
2.手のひらに少量取って、ひと肌であたためて、オイル状にします。
3.あとは髪の毛の先からつけていき、手にあまったものでトップの髪の毛にもつけていきます。

そう。いつも使っているワックスと使い方は同じです。シアバターなら、シャンプーの香りとワックスの香りが混ざることなく、使えるのもいいところ。

シアバターの独特の香りが苦手な方は、シアバターにネロリラボタニカのオイルを少しだけ混ぜてみて。ジャパニーズネロリの香りに癒されますよ。

シアバターのイメージ
画像出典: fotolia

冬場に余ってしまったシアバター。夏場にも大活躍できるのです。1つで万能に使えるシアバターを、活用してみてはいかがでしょうか?

執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数