日焼けしちゃった!そんな時のお助けクリーム3つ 日焼けしちゃった!そんな時のお助けクリーム3つ
画像出典: fotolia

日焼けしちゃった!アフターケアで使えるお助けクリーム3つ

2017年06月28日
夏といえば海やBBQなど、レジャーも楽しい時期。そんな時にUVケアをしっかりとするものの、まったく日焼けをさせないというのはなかなかできないもの。そこで日焼けをしてしまったあとのアフターケアで使える、お役立ちクリームを3つご紹介します。

1.心も一緒に解きほぐすなら

≪ARGITAL(アルジタル)≫
イタリア、シチリア発のオーガニックコスメブランドのアルジタル。初めてこのブランドに出会う方は、香りの豊かさに好感を持つ方が多いようです。

そんなアルジタルの中でも、日焼け後のアフターケアにオススメなのが「ブライトモイスチャライジング カモミールクリーム」。その名の通り、カモミールが配合されたクリームです。カモミールには鎮静作用があるといわれているため、日焼けなどで赤くなってしまった肌を優しく保湿してくれます。

カモミールとラベンダー、イランイランの香りも魅力。心も身体もこのクリームで癒してあげて。

ARGITALのイメージ
画像出典: fotolia

2.香りが苦手な方にもおすすめ

≪NEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤードレメディ―ズ)≫
フラワーレメディと呼ばれるイギリス発の自然療法を利用した「ファイブフラワーナチュラルクリーム」。このクリームはフラワーレメディの中でも、レスキューレメディと呼ばれる5つのお花のエッセンスを配合した、いわゆるお助けアイテムです。

5つのお花のエッセンスの他に、肌荒れを優しくケアしてくれる効果を期待できるカレンデュラエキスが配合されています。

無香料なので香りが苦手な男性でもOK。顔にもボディーにもどこにでも使うことができるので、外出先にも持ち歩いておきたい逸品です。

NEAL'S YARD REMEDIESのイメージ
画像出典: fotolia

3.リピーターの多い定番を選ぶならコレ

≪trilogy(トリロジー)≫
個人的にももう10年近くリピートし続け、ハワイには必ず持っていく定番アイテム「トリロジー エブリシングバーム」。

伸びがよく栄養たっぷりのスイートアーモンドオイルや、浸透しやすいマルラオイル。美白効果を期待できるローズヒップオイルに、皮膚トラブル予防を期待できるエキナセアも配合されています。

日焼けしてしまった肌のアフターケアとして、ゆっくりとバームを手のひらで溶かしながら、肌に馴染ませて使用します。潮風や海の海水でパサパサになってしまった髪にも使えるので、夏には欠かせないプロダクト。パッケージも可愛いので、ギフトとして贈っても喜ばれますよ。

日焼けしてしまった時には、冷やすこと、内側から水分補給すること、外からも水分を与え保湿することが大切です。その後にクリームで、与えた水分を逃がさないようにフタをしてあげましょう。きちんとケアして、夏を思いっきり楽しんで!

執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数