手作りコスメを作る上でのポイント4つ 手作りコスメを作る上でのポイント4つ
画像出典: fotolia

失敗しない!手作りコスメを作るときのポイント4つ

2017年06月01日
肌が弱い、自分が気にいるコスメになかなか出会えない…。そんな悩みを抱えている人は、手作りのコスメを作ることで悩みを解消できる見込みがあります。しかし、手作りのコスメを作るには知識も必要ですし、防腐剤を含んでいない場合には保管にも注意が必要です。そこで、今回は手作りコスメを作る上でのポイントをご紹介したいと思います。

1. 事前に使用する基材のパッチテストを必ず行う

まず手作りコスメで使用する精油などの基材で、アレルギー症状などが起きないか確認する必要があります。そのため手作りコスメを作る場合には、事前にパッチテストを行うことが重要です。

2. 常に清潔に取り扱うことを心がける

手作りコスメを作る上で最も注意したいのが、雑菌などの繁殖を防ぐために常に清潔に取り扱うということ。手をよく洗ってから始めるほか、使用する用具や容器も煮沸やエタノールなどで消毒してから使いましょう。

蛇足ですが、消毒で使用したエタノールは水道に流すのではなく、ティッシュなどに含ませて処分することをお勧めします。

コスメを作るイメージ
画像出典: fotolia

3. 適切な配合量に厳守する

手作りコスメで最も注意しなければならないのが、使用する基材の配合量です。特に精油の配合量には注意する必要があります。できれば信用できる書籍などのレシピを参考に作ることをお勧めします。

4. 遮光瓶など日光の影響を受けにくい容器に入れる

手作りコスメを入れる容器にも注意が必要です。日光などの影響を受けないように遮光瓶などを使用しましょう。

なお遮光瓶の中には色が付いているだけでその効果がないものもあるようです。信頼のおけるメーカーやショップで商品を購入しましょう。

コスメのイメージ
画像出典: fotolia

まとめ

さらに手作りコスメを使う上で注意したいのが、保管方法です。配合されている成分によっては冷蔵庫で保管する必要がありますし、いずれにしても直射日光を避け、冷暗所で保管する必要があります。また、天然成分を使用して作られている場合や防腐剤を入れていない場合には、早めに使い切ることが大切です。注意しましょう。

手作りコスメを正しい知識なく作り、使用した場合に肌トラブルを起こして皮膚科に駆け込む人もいます。正しい知識を得て作ることを大前提にしてください。

執筆者:
遠藤 幸子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい