女性の体は月の満ち欠けに左右される?お肌のお手入れに活用したいムーンメソッドとは?【前編】 女性の体は月の満ち欠けに左右される?お肌のお手入れに活用したいムーンメソッドとは?【前編】
画像出典: fotolia

女性の体は「月の満ち欠け」で変わる?美容に活用するムーンメソッド【前編】

2017年06月17日
最近、夜空を見上げていますか?月はどんどん満ちていったり、欠けていったりと日々変化しています。そんな“月”ですが、実は女性の体と深く関係しているようなのです。そこで月の満ち欠けに合わせた美容法をご紹介します。

実はこんなに関係があった?!

満月と新月。この2つの日に、女性の出産が多いといわれていることをご存知でしたか?だから病院の助産師さんのところには、ムーンカレンダーが置いてあるところが多いのだそうです。

そして女性の生理周期は約28日だといわれています。月の満ち欠けも約28日です。こうして少し考えただけでも、月の満ち欠けと女性の体が関係していることを感じていただけるのではないでしょうか。

それもそのはず。私たち人間の体のほとんどは水分でできています。だからこそ、海の水の満ち引きがあるように、私たちの体にも月と引力の関係があるのだといわれているのです。

そこで、月の満ち欠けと占星学を組み合わせた美容メソッドを開発した、日本を代表する西洋占星学やタロット占いの第一人者でもあり、実業家でもあるステラ薫子先生のオリジナル美容法『ムーンメソッド』をご紹介します。

月の満ち欠けのイメージ
画像出典: fotolia

まずは≪新月≫

新月のキーワードは『パワーチャージ』。よく新月の日には新しいことを始めてみたり、新しいものを使い始めるのがいいといわれています。実は新月の日はポジティブになれるのだそうです。だからこそ心も身体も、自然と新しいものをやってみよう!と思えるのだとか。

そのため、今までチャレンジしたことの無かった新しい美容法に取り組んでみるのもGood。また排出力も高まっているといわれているため、ダイエットを始めるのにも◎。湯船にゆっくりと浸かって汗を出してみたり、アロママッサージを行うのもオススメです。

新月の後は≪上弦の月≫

上弦の月のキーワードは『補給と摂取』です。新月からどんどんと満ちていく月のように、吸収力が上がる時期なのだとか。

吸収力が上がるため、お肌に栄養を与えてくれるような化粧品を使ったり、保湿を中心におこなうのがGood。さらに食事でも美容にいいものをたっぷりと採って内側からも補うようにしてみて。吸収のピークは満月なので、そこへ向けて美容成分をこの時期にたっぷりと蓄積するイメージです。

三日月のイメージ
画像出典: fotolia

また、アクティブに行動する中で得たことが、心や身体の栄養になるのだそうです。積極的に「自分が心地良いこと」をやっていくといいそうなので、意識してみるといいですね。

ムーンメソッドの後編は「満月」と「下弦の月」。今回ご紹介したものとは、また少しずつ美容法が違うので、月の満ち欠けに合わせたケアを取り入れてみて。自然の流れとともに、美肌を目指しましょう。

執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数