本当にピッタリな相手とは?自分と相性の良い男性がわかる3つのチェックリスト 本当にピッタリな相手とは?自分と相性の良い男性がわかる3つのチェックリスト
画像出典: fotolia

あなたにぴったりな相手とは?「相性の良い男性」がわかる3つのチェックリスト

2017年06月24日
異性に対する理想と相性は必ずしも一致するとは限りません。実際、タイプの男性と交際してもすぐに別れてしまう女性もいれば、理想と正反対の相手との交際が結婚にまでつながる女性もいます。好みや理想だけでは、相手との相性の良さまではかれないのです。では、自分と相性の良い異性を見極めるにはどうすれば良いのでしょうか。今回は自分と相性の良いタイプを知るためのチェックリストをご用意いたしました。

男性の涙を見て真っ先に思うことは?

A:「正直ちょっと引いちゃう……」
→相性が良いのは“年上男性

B:「かわいい、守ってあげたい!」
→相性が良いのは“年下男性


男性が流す涙を見て思わず引いてしまう女性は、パートナーに頼りがいを求めています。男性の前では頼って甘えたいという願望があるため、涙という弱い部分を見せられると途端に幻滅してしまうのです。そんな異性に頼りがいを求める女性は、自立した年上男性が相性の良い相手となるでしょう。

また、年上男性から見ても、自分を頼って甘えてくれる女性は自尊心を高めてくれる存在でもあります。きっと、お互いを必要とし合える良い関係を築くことができるはず。

反対に男性の涙を見ると、つい守ってあげたい衝動にかられる女性は、母性本能が人一倍高い人でもあります。そのため、放っておけない年下男子が自分にとって相性の良いタイプとなるのです。同時に甘え上手な年下男子にとっても、自分を優しく包んでくれる年上女性の存在は大きな心の支えとなるでしょう。

泣いてる男性
画像出典: fotolia

女子会で沈黙が続いたときにとる行動は?

A:沈黙に耐えられず無理にでも話題を振る
→相性が良いのは“物静かで大人しい男性

B:誰かが話し出すのを黙って待ち続ける
→相性が良いのは“明るいムードメーカーの男性


沈黙という空間が苦手な女性は、一見、おしゃべりな男性と相性が良いと思うかもしれません。しかし、このように沈黙に耐えられず自分から話題を振る女性は、普段から気を使いすぎて疲れやすいタイプでもあります。そのため、気を使わずに済む家族の前では別人のように無口になるなんて場合も。

そんな人一倍気を使いすぎる女性ですから、おしゃべりで明るい男性相手だと、無理をしてでも合わせようとしてしまいます。このタイプの女性には一切気を使わずに済むであろう、元々物静かで大人しい男性の方が合っているのです。たとえ最初は気を使ってしまったとしても、彼との交際が長くなるにつれ、家族同様、一緒にいて気疲れしない最高のパートナーとなることでしょう。

恋人のイメージ
画像出典: fotolia

反対にどれだけ沈黙が続こうと自分からは決して口を開かない女性は、目立ったり中心に立ったりすることが苦手。異性との交際に関しても、自分からどんどん引っ張っていってくれる相手との相性が良いのです。また、自分から会話を切り出すよりかは、相手の話に相づちを打つ方が居心地良いと感じるため、明るいムードメーカーの男性が彼氏だと順調な関係を築いていくことができるのです。

突然のドタキャンで休日の予定がなくなったときは?

A:周りの友達に連絡して他の遊び相手を探す
→相性が良いのは“趣味や好みが同じ男性

B:ここぞとばかりにひとり時間を満喫する
→相性が良いのは“価値観を理解し合える男性


ドタキャン後にすぐさま他に遊べる友達を探す女性は、社交的であると同時にひとりに不安や寂しさを抱くタイプ。突然予定に穴が空いても、“誰かと遊ぶ”という考え自体は変わらないことからも、ひとり行動が苦手であることがわかります。

そんなひとりが苦手な女性は、「楽しいことはひとりでなく誰かと一緒に共有したい」という考えを持ちます。交際をするのであれば、趣味や好みが同じ男性との相性が良いでしょう。

反対に予定がなくなると、ここぞとばかりにひとり時間を満喫する女性は、自分のペースを大切にします。「誰かと一緒に過ごすのも楽しいけど、ひとりの時間も大切にしたい」「他人に邪魔されず好きなことに没頭したい」など自分なりの考えがあるため、たとえ恋人であれども、自分のペースを乱されたくはないのです。

ひとりの時間のイメージ
画像出典: fotolia

そのため、恋愛では価値観を理解し合える男性との相性が良いでしょう。お互いが相手の意見を尊重し、適度な距離感で付き合える相手こそ、このタイプの女性にとっては居心地の良い関係なのです。

本当に相性の良いパートナーを探そう

異性との相性は一瞬で見極められるものではありません。もしかすると、今まで恋愛対象外だった男性が、実は自分と相性ピッタリの相手である可能性もあるのです。

なぜか恋愛が長続きしないと悩みを抱える女性は、これまで以上に視野を広げ、たくさんの男性を見るようにしてみましょう。以前までは恋愛対象外だった男性も、見方を変えることにより理想の相手として目にうつるかもしれませんよ。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい