赤くなってしまった大人ニキビ…コンシーラーで上手にカバーする方法 赤くなってしまった大人ニキビ…コンシーラーで上手にカバーする方法
画像出典: fotolia

【画像つき】ニキビをなかったことに!コンシーラーを使った簡単メイク術♡

2017年06月04日
お肌の手入れに気を遣っていても、気付いたら大人ニキビができてしまっていた・・・。そんな経験はありませんか?さらに、赤いニキビに悪化してしまうことも。どうしてもカバーしたい日は、コンシーラーテクニックを活用しましょう。

悪化してしまったニキビは目立つ!どうしてもカバーしたい日は…

お肌の手入れをきちんとしているつもりでも、気付いたら大人ニキビができてしまっているということ、ありませんか?正しくケアをしないと、どんどん悪化して赤く炎症を起こしてしまうようになります。

こうした状態になってしまったときは、メイクを控えた方が良いのは事実。でも、どうしてもカバーしたいという日もありますよね。赤く腫れた状態の大人ニキビは目立ちます。

カバーしたいという日は、コンシーラーテクニックを駆使してみてはいかがでしょうか?簡単に、大人ニキビがなかったかのようにメイクすることができるのです!

簡単!大人ニキビカバー術♪

髪の毛の生え際近くにできてしまった赤ニキビ。炎症を起こしてしまっていて、とても目立ちます。パーティーにお呼ばれされて、髪の毛をアップにしていきたい…。そんな日は、こういった大人ニキビが非常に気になってしまいますよね。

コンシーラーでカバーするイメージ
画像出典: fotolia

ファンデーションを厚塗りしてカバーしようとすると、ケバケバしい印象になってしまいがち。さらに、老けて見られてしまう可能性もあります。ファンデーションは普段通りにつけて、コンシーラーでカバーするのがおすすめです。

パウダリーファンデーションを使っている方は、化粧下地→コンシーラー→ファンデーション、の順で塗りましょう。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っている方は、化粧下地→ファンデーション→コンシーラー、の順です。

塗っているところイメージ
画像出典: fotolia

おすすめなのは、テクスチャーが柔らかめのコンシーラー。筆ペンタイプのものやアプリケータータイプのものだと、柔らかめのテクスチャーであることが多いですよ。今回使用しているのはアプリケータータイプです。

塗ったところイメージ
画像出典: fotolia

このように、大人ニキビができてしまった部分より一回り大きめに塗るのがポイントです。少し多めに塗るとカバー力が上がります。

塗ったところイメージ
画像出典: fotolia

そして、矢印の方向に、放射線状になるように塗っていきます。

指で広げるイメージ
画像出典: fotolia

炎症を起こしている部分なので、力が入りにくい薬指の腹で伸ばしていくと良いでしょう。大人ニキビがある部分はポンポンと軽く叩き込むのみで、塗り広げません。周辺を伸ばしていくイメージです。

広げたあとのイメージ
画像出典: fotolia

大人ニキビとその周辺をコンシーラーでカバーするだけで、これだけ目立ちにくくなります。

パウダーでぼかすイメージ
画像出典: fotolia

さらに、フェイスパウダーをパフに馴染ませて、コンシーラーの上から軽く抑えていきます。こうすると、コンシーラーの馴染みがよりよくなり、密着度もアップするのです。フェイスパウダーはつけすぎないように注意してくださいね。

完成イメージ
画像出典: fotolia

フェイスパウダーで馴染ませると、こんなにカバーできるのです!まるで、大人ニキビがなかったかのような仕上がりですよね。特別難しいテクニックが必要なわけではないので、ぜひ試してみてください。

ただし、前述した通り、できてしまったニキビにはメイクを控えた方が良いのです。特別な日を除いては、メイクで刺激を与えず、適切なケアをして治してあげてくださいね

赤ニキビまで悪化してしまっている場合は、皮膚科で相談するのが賢明です。ニキビ跡を残さないためにも、普段はメイクを控えましょう。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数