辛〜い生理痛を和らげるためにできること3つ 辛〜い生理痛を和らげるためにできること3つ
画像出典: fotolia

辛い「生理痛」を少しでも楽にしたい時のセルフケア3つ

2017年06月18日
生理になるとお腹が痛くなったり、体がむくんだり、腰回りがズーンと重い感じになったりと、体に不調が現れます。女性にとって大変憂鬱な時期ではないでしょうか。でも、あることを心がけるだけで、辛い生理通も少しラクになるかもしれません。

仙骨まわりを温める

生理痛が辛い時は、「仙骨」という腰のあたりにある骨の周りを温めてみましょう。仙骨は子宮に近い場所にあるのです。

仙骨の位置は、お尻の割れ目のすぐ下にある骨から、さらに少し上の逆三角形のプレート状の骨のことを言います。生理中は、この仙骨の周りを冷やさないようにするとよいのだそう。「腹巻」を巻くなどして冷えをしのぎましょう。

ハーブを取り入れてみる

また、ハーブを取り入れるのもよいのだそう。中でもオススメなのは、ラズベリーリーフ。辛い生理通を和らげてくれる効果が期待できるハーブです。また、ブラックコホッシュ、マリーゴールド、カモミールやローズヒップなどもオススメなのだそうです。生理中はこれらをハーブティーとして飲むのはいかがでしょう。

ハーブのイメージ
画像出典: fotolia

ヒアルロン酸の含まれている食材を食べる

ヒアルロン酸=美容にいいというイメージがありますが、実は生理痛の緩和にも効果が期待できるのだとか。ヒアルロン酸は卵巣にも多く存在しているので、ヒアルロン酸を摂ることで、月経のサイクルを整える効果が期待できるのだそうです。

ヒアルロン酸が多く含まれている食材は、豚足、フカヒレ、すっぴん、海ぶどうなどです。

生理は女性なら多くの方が悩むであろう生理痛。日々の生活に少し工夫をしてセルフケアをしてみてくださいね

執筆者:
長岡 宏江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい