意外と知らない!?シートマスクの効果的な付け方&使い方 意外と知らない!?シートマスクの効果的な付け方&使い方
画像出典: fotolia

意外と知らない!?「シートマスク」の効果が発揮される使い方

2017年05月26日
ドラックストアや百貨店コスメなどで、数え切れないほどたくさんの種類があるシートマスク。お値段もお得な数百円から数千円のものまで幅広くあり、何十枚も入った大容量のものもあるので毎日使っている方も多いのではないでしょうか? そんなシートマスク、実は効果的な付け方のコツがあるのです。エステティシャンである筆者が、シートマスクの効果的な付け方&使い方を伝授します。

■シートマスクの前は必ず「洗顔+化粧水」

クレンジング洗顔でお肌をきれいな状態にした後、必ず化粧水をお肌全体になじませてからシートマスクを乗せるようにしましょう。

シートマスクで保湿するからといって、化粧水を省いていたりしませんか?シートマスクの役割はあくまでも「美容液」ですので、目元や口元など乾燥しやすい場所やお肌が乾燥している状態だと、ピリピリする場合がありますので、化粧水で肌をしっかり整えてからシートマスクを乗せるようにしましょう。

■シートマスクの効果的なつけ方

1. お顔の中心とマスクの中心を合わせる
まず、マスクの中心がお顔の中心にくるようにのせます。

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

2. 眉頭・目頭・小鼻・口角・あごを密着させる
その次に、眉頭・目頭・小鼻・口角・あごをしっかりと密着させましょう。

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

3. 頬・フェイスラインを顔の外側に向かってなじませる
眉頭・目頭・小鼻・口角・あごを密着させたら、頬やフェイスラインにしっかり密着するようにフェイスマスクをなじませます。

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

4. 切り込み部分をキュッと引っ張り持ち上げる
フェイスラインのたるみを持ち上げるようにしっかりと固定します。

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

■隙間なくピッタリと密着させることが、シートマスクをつける最大のポイント!

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

■シートマスクの効果的な使い方

1.「入浴後」がベスト
入浴後は毛穴が開いてメイク汚れも落ち、血液循環もよくなっているので、最高のタイミング。入浴後にシートマスクをつけるには、事前にシートマスクを冷蔵庫で冷やしておき、お風呂上がりにお肌に化粧水を塗ったあと冷たいシートマスクを乗せます。そうすることで毛穴もキュッと締まりお肌がいい感じになります。

普段、目元や法令線など専用の美容液をお使いの方は、シートマスクを乗せる前に部分的に塗るのもオススメ。

乾燥や目元の小じわ、口元のカサカサなどが気になる場合は、保湿タイプの美容液やシートマスクを、くすみやシミが気になる場合は、美白タイプの美容液やシートマスクを選ぶのもポイントです。

シートマスクのつけ方のイメージ
画像出典: fotolia

2. デイリー使いをしよう
シートマスクは特別な時や週末のスキンケアアイテムとして使われることも多いのですが、毎日のアイテムとしても重宝します。

たまに使うよりも、毎日のアイテムとして使うことで、お肌の透明感やツヤ感、お肌のコンディションは確実にアップするので、平日はプチプラシートマスク、週末はご褒美に高級マスクと使い分けてもいいですね。

3. シートマスクの上からラップをON
シートマスクを長く乗せておけば効果があるんじゃないの?と思っている方もいらっしゃいますが、商品パッケージに書かれている目安時間通りにしましょう。

長く置きすぎてしまうとシートマスクが乾燥してしまい、お肌の水分が奪われてしまい肌トラブルの原因となってしまいます。そんな時はシートマスクの上からラップを乗せましょう。(鼻と口は開けておきます)

4. 最後は「乳液・クリーム」でフタをする
シートマスクの後は、必ず乳液やクリームでお肌にフタをして水分を逃がさないようにしましょう。

プチプラのシートマスクでも高級なマスクでも、お肌への馴染ませ方や使い方一つで効果が変わってきます。せっかく使うなら効果の出る使い方を参考にしてみてみませんか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数