ベタつき、ざらつきはもうイヤ!夏の不快な肌状態から脱出するコツとは? ベタつき、ざらつきはもうイヤ!夏の不快な肌状態から脱出するコツとは?
画像出典: fotolia

ベタつき、ザラつきはもうイヤ!夏の不快な肌状態から脱出するコツ

2017年06月02日
夏になるとベタつき、ざらつきなど汗や皮脂の影響で不快な肌状態に陥ることがあります。それを一時的なものだと思って放置しておくと、後々後悔することになりかねません。そこで、今回はベタつきやざらつきといった夏の不快な肌状態から脱出するコツをご紹介したいと思います。

1. ベタつきの原因と対処法

ベタつきの原因は、単純に季節による汗や皮脂が影響しているだけだと思っていませんか?実は、この2つ以外にもベタつきの原因はあります。

ひとつは、肌の乾燥です。私たちの肌は乾燥すると肌を守ろうとして自らを潤そうとします。その結果、天然の保湿成分ともいえる皮脂を過剰に分泌することにつながります。

肌の乾燥が気になるのにベタつきも気になるという場合には、セラミドなどの保湿有効成分が配合されたコスメを使用するほか、乾燥をまねく恐れのある洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料の使用を控えることも大切です。

このほか脂性肌で乾燥は気にならないものの、皮脂分泌が活発という人は、食生活や生活習慣がその原因となっていることが考えられます。油っぽい食品の摂取は控える、規則正しい生活を心がける、ストレスを溜めないといったことを心がけましょう。

スキンケアのイメージ
画像出典: fotolia

2. ざらつきの原因と対処法

ざらつきの原因は、古い角質が溜まっている可能性がまず考えられます。さらにざらつきだけでなく、ごわつきも気になる場合はその可能性がグンと上がります。清潔な手で自分の肌に触れ、つまんだりしながら肌の状態を入念にチェックしてみてください。

このほか、ざらつきの原因には乾燥やターンオーバーの乱れなども考えられます。規則正しい生活を心がけ、肌をしっかりと保湿しましょう。

いずれの場合も、まずは古い角質を優しく除去して、ターンオーバーがスムーズに行われるよう促しましょう。角質の除去方法ですが、擦る、剥がすといったものは肌に負担をかける恐れがあるためお勧めできません。塗るだけ、軽く洗い流すだけといったコスメを選ぶと肌への負担がかかりにくいのでオススメです。

また、古い角質を除去した後は必ず保湿することをお忘れなく。

スキンケアのイメージ
画像出典: fotolia

まとめ

どちらの不快な肌状態にも共通することですが、毎日その日の汚れをその日のうちにしっかりと落とすこと、疲れやストレスを溜めない、バランスのとれた食生活を心がける、体調を整えるといったことを心がけることも大切です。

肌の不調は肌でだけ起こっているわけではなく、体の内側で起きていることが密接に関係しています。そのため、肌だけでなく、体のメンテナンスも日頃からしっかりと行いましょう。

執筆者:
遠藤 幸子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数