心が疲れている?見逃したくない3つのAとは? 心が疲れている?見逃したくない3つのAとは?
画像出典: fotolia

疲れ溜め込んでない?見逃したくない不調のサイン『3つのA』とは

2017年05月20日
毎日毎日「やらなくてはいけないこと」「やるべきこと」「やりたいこと」のスケジュールでパツパツになり、気がつけば心身ともにヘロヘロのお疲れ状態になっていませんか?本当はゆっくり休みたいけれど、責任感やプレッシャーからなんとかやり過ごしているという人も多いと思います。しかし、このまま心や体の声を無視し続ければ、いずれ手遅れになってしまうことだってあるのです。なるべく早い段階で疲れを溜めないようにケアしていく必要があるので、まずは「3つのA」に過去2週間の自分が当てはまるかをチェックしてみましょう。

【不調のサインA】1. アルコール(Alcohol)

ますはアルコールの「A」。飲酒量が増えている場合はイエローカードです。依存傾向が強くなっていませんか?アルコールだけでなく、甘いものなどの摂取頻度や量が増えていたり、衝動買いの金額が膨れ上がっていたりする場合も危険信号なので注意しましょう。

それ以外では、インターネットの使用、ゲームの時間、メールやSNSの回数などが増えているなど、1つのものに強くはまっている状態は「依存性」に陥りやすい状態になっているといえます。1つのものに依存してしまうと生活習慣が大きく乱れる原因になり、それがまた心身のダメージや不調につながってしまうのです。

お酒を飲むイメージ
画像出典: fotolia

【不調のサインA】2.アブセント(Absent)

続いてアブセントの「A」。アブセントは直訳すると「欠勤」ですが、欠勤だけでなく「遅刻」や「早退」の頻度が増しているかどうかを確認しましょう。朝起きられなかったり、異常なだるさを感じたり、仕事以外でも集中力が途切れがちになったりしていませんか?

また、ファッションや化粧にも興味がなくなり、身だしなみを整えること自体が面倒くさくなったり、振る舞いが雑になったりしている人は、かなりお疲れ気味といえるでしょう。

仕事のやる気が出ないイメージ
画像出典: fotolia

【不調のサインA】3.アクシデント(Accident)

最後はアクシデントの「A」。大きな事故を起こさなくても、仕事の中で約束の時間を間違えたり、誤字脱字が多いと指摘されたり、見積もりの数字を聞き間違えたり、言ったことや言われたことを忘れてしまったりなど、単純なミスが増えていませんか?注意力が散漫になってミスを繰り返すことで周囲からの評価は下がり、余計に疲れやストレスがのしかかってきてしまいます。

疲れをとることは生産性を上げることに直結するので、きちんと休むことはビジネススキルのひとつです。どんなに忙しくても、自分の体や心と対話する時間を毎日数分でも良いのでもつように習慣づけましょう。

ストレスのイメージ
画像出典: fotolia

不調のサインがあるときは、無理をしないで自分を労ること。そうすることで自分もまわりもハッピーになれるということを忘れないでくださいね。

執筆者:
友野 なお

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい