街コンにお金を10万円以上かけてもうまくいかなかった理由 街コンにお金を10万円以上かけてもうまくいかなかった理由
画像出典: fotolia

その出会い方、失敗かも。街コンに10万円かけてもうまくいかなかった理由

2017年05月23日
あなたはこれまで、出会いにどれくらいのお金を投資してきたでしょうか? 今回のお話では、街コンに10万円以上のお金を投資してきた女性が登場します。それだけお金をかければうまくいきそうですが、じつはうまくいかない理由は別にありました。

投資額は10万円以上!何度も街コンには参加済み!

今回のお話の主人公は、私の友人のNさん(30代前半 女性)。先日ランチに行った時に、かるく相談を受けるかたちになりました。彼女は婚活中で、これまで何度も街コンに参加したそうです。その投資額はなんと、10万円以上。それだけ行けば成果も上がりそうでしたが、なかなかうまくいかないとのことでした。

彼女はもともと積極的ではないこともあり、確かに複数の人たちがいる場所では出会うのが難しい性格。しかし、彼女なりに頑張っているようで、なんとか2次会まで行ったりしているようでした。

「一緒に行っている先輩が話すのが上手だから、それでうまくやれてる感じで……」。そう話すNさんでしたが、先輩がいなければ壁の花になってしまうとのことでした。先輩というのは、前の職場でお世話になっていた2こ上の女性とのこと。彼女の存在により、Nさんは気兼ねなく出会いの場に行けるとのことでした。

普段の話から、出会うためにオシャレにもかなり気を遣っているNさん。なんとか恋人を見つけて欲しかったので、もう少し話を聞くことにしました。

出会いが不満のイメージ
画像出典: fotolia

いざとなると連絡先が交換できない?

「2次会には行けるんだけど、それもやっぱり先輩の力。話には混ざれても、最後には連絡先の交換ができないんだよね」。Nさんにそう言われた私は、ピンときました。というのも、男性である私にも似たような経験があったからです。

周りが連絡先を交換しているタイミングでも、自分から「交換しよう」と言う勇気がなく、せっかくの出会いのチャンスを逃した苦い思い出があります。

この場合、自然と自分から連絡先の交換を希望できるようになれば、問題はありません。Nさんは自分から連絡先を聞いたことがないので、そうしたことを口に出すのに抵抗があるのだと思いました。また、みんなが連絡先を交換している輪の中に入るのが、なんとなくガツガツしてそうで嫌なのとも思いました。

輪には入れないイメージ
画像出典: fotolia

一言「私も交換したい」と言えるように練習すれば、問題解決に近づきます。Nさんにそのことを提案してみると、「うーん……」という感じでどうも納得していない様子。そこで私はもしかするとと思い、Nさんに質問をしてみました。

「Nさん、もしかして心から連絡先を交換したいと思わなかったんじゃない?」。そのことを私が言うと、Nさんは「じつはそうなの!」と彼女の正直な気持ちが出てきました。「たしかに魅力的な人もいるんだけど、なんだか気持ちが動かないんだよね」。

結論:連絡先は交換しなくていい!

Nさんは、たしかに積極的ではありません。また、心を開くまでに時間がかかるタイプです。初めて出会った人とすぐ連絡先を交換しなければならない街コンは、彼女の性格だと合わないのでしょう。

街コンでひとりの人と話せる時間は、せいぜい30分もあれば良い方です。たかが連絡先の交換と思うかもしれません。しかし、彼女にとってはもっと親しくなってから連絡先は交換したいそうなのです。

最終的に、私が彼女にオススメしたのはもっとカジュアルな出会い方でした。長い時間を一緒にできる、何かしらのコミュニティに属した出会いがもっとも良いと感じました。幸い彼女は趣味でスポーツ観戦をするため、そうした社会人サークルを今度見学に行くそうです。確かにそこであれば、長期的に関係を築くことができます。じっくりと時間をかけて仲良くなることで、心を開くこともできるでしょう。

趣味の合うイメージ
画像出典: fotolia

Nさんの今回のケースは、私にとっても気づきがありました。私たちはともすれば、所属するコミュニティが職場ぐらいになってしまいます。そこで出会いが無ければ、Nさんのような人であれば八方ふさがりになりがちです。かといって、急いで婚活をしたとしても、すぐに連絡先を交換しなければならないシステムは彼女には合いません。

自分の性格に合った出会いをしなければ、ただ苦しいだけです。私は新たな出会いというのは、楽しいものだと考えています。もしもあなたはNさんのように、現状の出会いではなかなかうまくいかないと感じているのであれば……。あなたがワクワクするような、もっと違う出会いの方法を試してみても良いかもしれませんよ。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい