新生活で太らないために!4〜5月にすべき心と身体ダイエット 新生活で太らないために!4〜5月にすべき心と身体ダイエット
画像出典: fotolia

新生活で太らないために!5月にすべき生活の心得3か条

2017年05月03日
春は別れと出会いの季節。職場や家庭での環境が大きく変わる方も多いですよね。これまでしていた運動が急にできなくなってしまったり、食生活が不規則になったり、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまったり……気づいたら太っていた!という相談もいただきます。そこで今回は、春に太らないための生活の心得3か条をご紹介します。

春太りを防ぐ生活のコツ その1:お腹が空いたら「食べる」

一番気になるのが食生活ではないでしょうか。運動時間が減った分食べる量を減らしたり、忙しくてゆっくりと食事する時間が取れず、おろそかになってしまったりすると、栄養バランスが乱れて代謝が低下。太りやすくなってしまいます。

お腹が空いていないのに食べる必要はありませんが、多少時間がバラついても、お腹が空いたら色とりどりの食べ物を「食べる」選択をしましょう。

「お昼の時間を逃したから……」と我慢して間食をしたり、夕食を食べ過ぎてしまったりしては逆効果。おにぎりや具だくさんのスープを活用して心と身体を満たすようにしましょう。どうしても間食したい場合は、ヨーグルトやドライフルーツなどがおすすめです。

ヨーグルトを食べるイメージ
画像出典: fotolia

春太りを防ぐ生活のコツ その2:寝る前に「ストレッチ」を

運動量が減ってしまった場合や、立ち仕事・デスクワークなどでむくみがきになる場合などは、夜寝る前のストレッチがおすすめです。

体液循環をスムーズして睡眠中の疲労回復を促進し、翌朝の倦怠感やむくみを予防・改善する効果が期待できます。筋肉が凝り固まって運動効果が減退するのも防ぐことができますよ。

ぜひ、これまでにご紹介してきたトレーニングやストレッチから、疲れが溜まっている部分をアプローチできるものを選び、実践してくださいね。

春太りを防ぐ生活のコツ その3:睡眠とストレス解消を後回しにしない!

一番大切なことは、疲労や老廃物、そしてストレスを体内に溜め込まないこと。代謝の良い状態をキープすることができれば、生活が変わってもしっかりとエネルギーを消費することができます。

夜にはお風呂で身体を芯から温めて血行を良くし、ストレッチで疲れた筋肉をほぐしましょう。睡眠時間は細胞を再生させて若々しく保つのに必要ですから削らないように。好きなことを思いっきり楽しんでストレスを解消することも大切です。

睡眠とストレス解消のイメージ
画像出典: fotolia

日々の生活でしっかりエネルギーを消費し、メンテナンスで体内や筋肉のはたらきを活性化させる生活を心がければ、贅肉を溜め込むことはありません。ぜひ、自分をいたわる時間を失くさずに、新しい環境で活躍してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい