あなたはどれがお好み?新店舗の限定品を要チェック! あなたはどれがお好み?新店舗の限定品を要チェック!
画像出典: fotolia

もうチェックした?【GINZA SIX・グランスタ丸の内】の限定品に注目!

2017年06月08日
新しい店舗がぞくぞくとオープンしましたね。そんな中、限定品も気になるところ。今話題の店舗で販売されている限定品に注目してご紹介します。

【GINZA SIX(ギンザシックス)編】

旧松坂屋に4月20日にオープンした商業施設、『GINZA SIX(ギンザシックス)』。

長方形に作られた建物の中心には大きな吹き抜けがあり、その周囲を囲むように店舗が並んでいるため、とても見やすい作りになっています。吹き抜けの天井部分には、世界的アーティストとして名高い草間彌生(くさま やよい)氏のアートが浮かんでいます。

そんなギンザシックスで見つけた、限定品を2つご紹介します。

1. uka(ウカ)

ヘアケアやネイルケアでおなじみのオーガニックブランド『uka(ウカ)』では、初となるショップをメインにした店舗。

人気のネイルオイルの限定品が登場しています。『ma/6』という名前のネイルオイルは、”私のシックス”という意味を持っています。

イランイランやパチュリのエッセンシャルオイルの入ったオリエンタルな香りは、男性にも喜ばれそう。パッケージもシンプルでおしゃれなので、ギフトにもぴったりです。

ukaのオイルのイメージ
画像出典: fotolia

2. SABON(サボン)

イスラエル発のコスメブランド『SABON(サボン)』。通常の店舗に比べ、大人の街銀座に店舗を構えるだけあって、落ち着いた雰囲気の店舗デザインになっています。

そんなサボンの限定品は、赤が魅力的なデザインのキャンドル『センティッドキャンドル in グラス』。とってもさわやかなグリーンローズの香りは、男性ウケもGood。2サイズの展開なので大きさを選べるのが嬉しいところ。

SABONのキャンドルのイメージ
画像出典: fotolia

【グランスタ 丸の内編】

東京駅の地下、丸の内口に構える『グランスタ 丸の内』。4月27日に新しいエリアに店舗がオープンしました。

駅の改札内でも、改札外でも楽しめるショップの数々は、見逃せません。中でも私たち女性にうれしいのは、オーガニックな美の駆け込み寺といった存在のBiople by Cosmekitchen(ビープルバイコスメキッチン)。改札横なので、通勤の時にぜひ立ち寄ってみて。

1. イングリッシュティーショップ×ビープル バイ コスメキッチン

イギリス発のオーガニックティーのブランド『イングリッシュティーショップ』とBiople by Cosmekitchen(ビープル バイ コスメキッチン)が初めてコラボした商品です。

東京駅限定「オーガニックトーキョーティー」は、日本らしく桜をパッケージにしたもの。そしてまるで東京タワーのような、三角形のデザインも珍しいですよね。こちらは美味しいオーガニックフルーツティーが楽しめます。新しい東京土産としても、おすすめです。

オーガニックトーキョーティーのイメージ
画像出典: fotolia

2. あわたまTOKYO

ビープル バイ コスメキッチンで人気の『あわたまオニオンスープ』。こちらが東京駅限定バージョンパッケージになって登場しています。

そのままオニオンスープで食べるのも良し、チーズとバゲットをプラスしてオニオングラタンスープとして食べても良し!調味料代わりにも使えるので、バリエーションが豊か。オフィスや自宅に常備しておきたいオニオンスープです。

あわたまオニオンスープのイメージ
画像出典: fotolia

どちらの商品も限定品だから、いつもと違った気分を味わえますね。ワクワクしながら休日のショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい