色気を出して開放的になろう!夏っぽいメイクに仕上げるポイント3つ 色気を出して開放的になろう!夏っぽいメイクに仕上げるポイント3つ
画像出典: fotolia

色気を出して開放的に♡夏っぽいメイクに仕上げるポイント3つ

2017年05月16日
気温の上昇ともに、もうすぐやってくる夏を待ち遠しく感じているという人が多いのでは?実は筆者もそのひとり。夏はどこか開放的な気分にさせてくれるので、いつもと違う自分をぜひ楽しんで!今回は、色気を出して開放的な雰囲気になれる夏っぽいメイクのポイントについてご紹介したいと思います。

1.夏っぽさを出すにはオレンジとブルーを攻略せよ!

夏っぽいメイクに仕上げるためには、夏を象徴するような色を取り入れるのが◎。夏を象徴するような色といえば、オレンジとブルーです。オレンジは太陽を連想させる色で、健康的なイメージを与えてくれます。そして、ブルーは海を思わせる、爽やかな色です。

オレンジを取り入れたいなら、チークやリップで取り入れるのがおすすめです。とはいえ、オレンジが苦手という人もいることでしょう。そんな人はピンクよりのコーラルカラーなどを試してみてください。

ブルーは肌色との相性で濃淡を選ぶのがおすすめです。アイシャドウやアイライナー、マスカラなどで取り入れてみてください。

オレンジメイクのイメージ
画像出典: fotolia

2.夏らしいヘルシーなツヤをプラスして!

太陽に映えるのは、美しく艶めくメイク。濡れたようなツヤのあるアイテムを使って、太陽に映えるキラメキメイクに仕上げましょう。

とはいえ、どこもかしこもキラキラしているのはやり過ぎ。きらめくようなツヤ感を与えるのは、2パーツまでに留めておきましょう。そして、ツヤ感を与えるのはできるだけ範囲の広いパーツである頬と目元がおすすめです。

3.いつもより骨格を強調して陰影をつけよう!

夏らしい肌といえば、太陽の光をたくさん浴びた小麦肌。しかし、紫外線の影響を強く受けると、シミやシワなどのエイジングサインが心配になりますよね。

そこで、おすすめなのがメイクで骨格を強調して陰影をつけること。陰影をつけると顔全体が引き締まるだけでなく、いつもより肌のトーンが落ちてヘルシーな印象に仕上がりますよ。

骨格を強調したメイクのイメージ
画像出典: fotolia

まとめ

季節を問わずいつも似たようなメイクをしているという人は、季節感を出すだけでもマンネリメイクから脱出できるはず!今年の夏はぜひ夏っぽい、開放的でちょっぴりセクシーなメイクを楽しんでくださいね。

執筆者:
遠藤 幸子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数