2017春のトレンド「ピンク」を素敵に着こなすコツ3つ 2017春のトレンド「ピンク」を素敵に着こなすコツ3つ
画像出典: fotolia

春のトレンド「ピンク」を素敵に着こなすコツ3つ

2017年04月28日
2017年の春のトレンドカラーといえば「ピンク」。でも、「ピンク」にもいろんなカラーがありますし、着こなし方によっては、ガーリーっぽくなりすぎたり、フェミニンすぎたりしてしまい、大人の女性が着ると「イタイ」感じにもなってしまいます。そこで今回は、30代の大人の女性でも素敵に着こなせる「ピンク」の着こなし方のコツをご紹介します。

「ピンク初心者」は、くすみがかったピンクをチョイス

普段あまり淡いカラーを着ないという方にオススメなのが、グレーがかったくすみがかったピンク。ナチュラルで落ち着いた雰囲気になるうえ、大人の肌にもなじみやすいカラーです。また、モノトーンとの相性もいいので、手持ちの服を合わせれば、いつもの服がぐっと華やかな印象に。デザインは、シンプルなものがいろんな服と合わせやすくて、オススメ。さらにゆるっとしたデザインなら、今っぽい雰囲気になります。

くすみがかったピンクのイメージ
画像出典: fotolia

モードっぽさを出したいなら、青みがかったピンクをチョイス

モードっぽい格好が好きな方には、青みがかったピンクがオススメ。クールさがあるので、今のモードっぽい、ゆるっと着こなす格好も大人かっこよく着こなせます。アイテムは、普段着慣れているアイテムを選ぶと、いつものスタイルに取り入れやすくてオススメ。また、青みがかったピンクと相性のいいカラーは、ライトグレーや、ネイビー、ブラン、カーキなど。どれも定番のカラーというのも、嬉しいですね。

ビビッドピンクは、靴、バッグなど小物でアクセントに

鮮やかなビビッドなピンクは、なかなかハードルが高いと思う方も多いのではないでしょうか?でも、靴、バッグなど、面積の小さい小物類で取り入れると、アクセントカラーになり、全体が引き締まった印象になります。

ビビッドピンクを取り入れるポイントは、主張の強いカラーなので、1点だけに絞ること。いろんなアイテムに使うと野暮ったい印象になってしまいます。

ビビットピンクの靴のイメージ
画像出典: fotolia

2017年の春のトレンドカラーといえばピンク!女らしいカラーだけでなく、いつものコーデに華やかさをプラスしてくれるので、ぜひ取り入れたいもの。ここで紹介したような着こなし方のコツを押さえれば、大人の女性でも素敵に着こなせますよ。

執筆者:
長岡 宏江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい