なりたい自分になれる方法伝授!モデリングのススメ なりたい自分になれる方法伝授!モデリングのススメ
画像出典: fotolia

なりたい自分になれる方法を伝授!モデリングのススメ

2017年05月01日
季節はすっかり暖かくなり、オフィスやプライベートでは、たくさんの出会いが訪れている事と思います。その中で、言葉遣いや仕草が上品な人、仕事の進め方が上手い人、流行のファッションやメイクがとても似合っている人、いつもポジティブで魅力的な人など、「私もあんな風になりたい!!!」と感じる、憧れの方はいませんか?「あんな風になりたい!」という気持ちが、まさに、そうなれる第一歩!憧れの人の、目指したい部分を真似していけば良いのです。今回は、なりたい自分になるために、真似して身につけるモデリングについて、お伝えします。

なりたい部分を明確にしてから真似る

モデリングとは、目標にしたい人や憧れの人をモデルとして、言動や外見を真似る事をいいます。ただなんとなく、全体を真似るのではなく、自分もそうなりたい!という部分を具体的に見つけ、真似ていくことが大切です。

例えばいつも気持ちの良い挨拶をする方がいたら、使っている言葉や声の大きさ、トーンそのものを真似ます。また、感じの良い清潔感と透明感のあるメイクをしている方がいたら、メイクのカラーやメイクの仕方を真似てみます。

憧れの人のイメージ
画像出典: fotolia

モデルを観察してみる

憧れの人の真似ができるようになったら、次にモデルの言動や、習慣などを細かく観察してみましょう。

するとだんだんと、モデルの思考回路や、行動パターンがわかってきます。そして実際の生活の中で、自分もそのように真似をして言葉を選んだり、行動してみたりしましょう。あたかもモデルになったかのような体験をすることが出来れば大成功です。

自分の個性をプラスしよう

何度も繰り返し、自然にモデルの真似が身に付けられたら、もっと良くするためにはどうしたら良いか?を自ら考え、プラスしていきましょう。ここからは真似ではありません。オリジナリティを加える事で、自分だけのスキルにしていきます。自己分析をして自分の長所を理解し、加えていきます。

例えば、これまでのモデリングにより気持ちの良い挨拶ができるようになったら、そこに自分の長所が「さわやかな笑顔」であればその「笑顔」をプラスするのです。このように、オリジナルな個性が足された時にモデリングによるスキルは自分だけのものになります。

観察するイメージ
画像出典: fotolia

おわりに

モデリングのテクニックは単に人のコピーでありません。目標とする実在するモデルが身近に実在するのであれば、なりたい自分に効率的になれるチャンスです。ファッション、メイク、読んでいる本や雑誌など、身近なところからモデリングを始めてみましょう。

執筆者:
三ツ矢 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数