ツヤツヤしているけど、テカってない「ツヤ肌」メイクのコツ ツヤツヤしているけど、テカってない「ツヤ肌」メイクのコツ
画像出典: fotolia

ツヤツヤしているけどテカってない「ツヤ肌」メイクのコツ

2017年04月17日
だんだん暖かくなるこれからの季節に気になるのがテカリ。顔がテカって見えると、清潔感や品が損なわれてしまう印象に。そこで今回は、テカってはいないけれど、ツヤツヤ感のあるお肌を作るメイクのコツをご紹介します。

スキンケアでお肌にたっぷりの潤いを

ツヤのあるお肌を作るには、まずベース作りが大切。化粧水や美容液でしっかりとお肌に潤いを入れ込みましょう。ポイントは化粧水も美容液もケチらずたくさんお肌に入れ込むこと。

高いものだと、たくさん使うのに抵抗があるかと思いますが、今はプチプラで、保湿性の高いものがドラッグストアや、ネットショップなどで手に入ります。化粧品口コミサイトなどのレビューなどを参考にして、あなたに合うものをチョイスしてみて。

スキンケアのイメージ
画像出典: fotolia

化粧下地とパウダーでテカリ防止

化粧崩れを防止するには、テカリのもとである皮脂を抑える効果のある下地をきちんと塗ること。また、テカリやすい小鼻や額部分は、油分バランスを整えるものを、頬や顎などは保湿効果のあるものを使うなど、部分によって使い分けをするとテカリ防止につながります。

また、下地の量はあまり多すぎないように。多すぎると、化粧崩れの原因になります。下地を塗ったら、皮脂が浮きやすいTゾーンや、アイシャドウなどの色移りがしやすい目まわりなどに薄くパウダーをはたきましょう。

ポイントは、薄く塗ること。多くパウダーをつけすぎると、老けた印象になってしまいます。

パウダーをのせるイメージ
画像出典: fotolia

ファンデーションは、進化系のもので種類を見極めて

今は、ファンデーションと言っても、パウダータイプ、リキッドタイプ、クッションタイプと様々。パウダータイプ=マット、リキッド=テカるという印象というのは、実はもう古いのかも。

今はパウダリーでも、粉っぽさがないものや、リキッドでも崩れにくいものがあったり、その中間のようなクッションタイプがあったりと実に様々。

パウダリーなら、進化系パウダリーと呼ばれるツヤ感を出してくれるものを、リキッドタイプならスキンケア効果のあるものを、クッションタイプなら発光効果のあるものを選ぶとツヤ肌になります。ただ、使い心地がそれぞれ違うので、どのタイプにするかは、実際に手にとって、肌にのせて選ぶといいでしょう。

ツヤツヤした肌は、清潔感があるだけでなく、品のよさまで醸し出してくれます。新しい出会いの多いこの季節。ツヤツヤしているけれど、テカっていない絶妙な印象のお肌で、第一印象を素敵なものにしたいですね。

執筆者:
長岡 宏江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数