翌日疲れが残っている。そんなあなたに安眠のためのススメ 翌日疲れが残っている。そんなあなたに安眠のためのススメ
画像出典: fotolia

翌日の疲れが残っている。そんなあなたに、安眠のための3つのススメ

2017年05月21日
寝ても寝ても疲れが取れない。そして眠い。そんな方はもしかすると安眠できていないのかも知れません。大切な睡眠時間を有意義なものにするためにおすすめしたい、安眠法をご紹介します。

安眠が大切なのはなぜ?

安眠の言葉を変えると、質の良い睡眠が大切だということ。実は人間の体は、寝ている間に細胞の修復や記憶の定着が行います。だから睡眠時間はとても大切だといわれているのです。

この貴重な睡眠の時間にどれだけ心地よく眠れるかで、毎日のパフォーマンスも変わってくるから、できることから変えてみては?

1. まずは身に着けるものを変えてみて!

たとえば、パジャマや下着をオーガニックコットンに変えてみて。オーガニックコットンは、通常のコットンと違い無農薬で栽培されたコットンです。

ふんわりと空気を多く含み柔らかなオーガニックコットンは、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのが特徴。肌触りも着れば着るほど、柔らかく馴染んでいくので、お肌にも優しいのです。

パジャマや下着をオーガニックコットンに変えるだけで、強張ってしまう肩や首の緊張がほぐれるという方もいらっしゃるほど。

快適なパジャマのイメージ
画像出典: fotolia

2. 身体をあたためて心を落ち着かせて

心と身体とはつながっているもの。お風呂から出たら、ゆっくりとハーブティーを飲んで心を落ち着かせてみて。温かいハーブティーが日ごろの疲れを、取りほぐしてくれますよ。

おすすめは、ジャーマンカモミールティー。安眠できるハーブティーとして有名ですよね。このハーブにはストレスに対する心の不安や、気分を落ち着かせてくれる効果が期待できるのです。

お子さまも飲める優しいハーブで、風邪の引き始めや食欲不振、冷えが気になる時にもおすすめですよ。(※キク科アレルギーの方の飲用は避けて下さい。)

3. 香りを使ってさらにリラックス

香りは脳に直結するものなので、リラックスには香りを使うのもとても有効的です。

おすすめは『オレンジ・スイート』。最近の日本アロマ環境協会の研究データで、『オレンジ・スイート』のエッセンシャルオイルを寝る前に使用すると、朝の目覚めが良いという結果が報告されています。

無印良品でも販売されているエッセンシャルオイル(アロマオイル)なので、簡単に手に入れやすい種類のエッセンシャルオイルだということも魅力的ですよね。

オレンジ・スイートのアロマイメージ
画像出典: fotolia

また安眠のエッセンシャルオイルとして忘れてはいけないのは『ラベンダー』です。不眠症の方の不眠解消にも使用されているほど。ただし、鼻や身体が慣れてしまうと期待できる効果が落ちるため、本当に眠れない時や、今日だけは絶対に眠っておきたい!という時に使うのがいいかもしれません。

さらに今ご紹介したエッセンシャルオイルを2つ混ぜて使用するのもGood。その時はオレンジ・スイートをラベンダーの倍近い量にしてあげると、どちらの香りも感じられるのでおすすめです。

日々のパフォーマンスUPのために、質の良い睡眠を摂れるよう、ぜひ今日からTryしてみて。

執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい