花粉症にはビタミンDが効果的!! 花粉症にはビタミンDが効果的!!
画像出典: fotolia

花粉症には「ビタミンD」が効果的!?その理由とおすすめレシピ

2017年04月02日
こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は花粉症を改善するためにプラスしたいビタミンDの効果についてお話しいたします。

花粉症に効果的なものは?

花粉症の方は、そろそろ落ち着かれましたでしょうか?いろんな花粉の種類がありますから、年中悩まされていらっしゃる方も多いのでは?

私も以前は酷い花粉症でした。東京に来てから突然発症しましたが、今思えば突然ではなく必然。そうなる食生活しか送っていませんでした。

花粉症も免疫反応の症状の一つですから、腸内環境を整えることが一番大切です。花粉症には○○が良いと、巷でいろんな商品が出回っていますが、何かを取り入れるよりも、実は何を取り入れないかの方が大切だったりします。

それは消化分解しにくいもの。加工食品や添加物、乳製品、過剰な動物性食品など。

ですが、私たちはどうしても「何かをプラスしたい」生き物。ならば、今日は花粉症を改善するなら「ビタミンDが効果的」という情報をお伝えします。

花粉症のイメージ
画像出典: fotolia

どうしてビタミンDなのでしょう?

ビタミンDは「免疫調整ホルモン」とも呼ばれています。不足すると花粉症のようにアレルギー反応が起こり、そのほかにもリウマチや糖尿病などの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎、喘息などの発症にも影響を与えてしまうといわれています。

ビタミンDは皮膚が日光に当たることによって合成されますが、食事からの摂取はなかなか難しいのです。ですから、あまりUV対策をしすぎると、健康や美容を阻害する原因に繋がってしまう可能性が考えられます。

食品では魚に比較的ビタミンDは含有されていますが、その他では乾燥きくらげや干し椎茸、切り干し大根

切り干し大根のイメージ
画像出典: fotolia

私の場合は、花粉症の頃、添加物も乳製品もジャンクフードも、ありとあらゆるものを気を使わずに食べていました。ですから、玄米菜食に切り替え、そのデトックス効果の高さからあっという間に花粉症が改善したのです。

効果的だったのは、「切り干し大根のお茶」だったかもしれません。ビタミンDはもちろんのこと、過去に摂取し体内に溜まっている乳製品の脂肪が蓄積されていましたから、その脂肪を排泄してくれるのが切り干し大根なのです。切り干し大根を煎じてお茶にすることで、吸収率がUPします。

切り干し大根茶の作り方

<材料>
切り干し大根   ひとつかみ
水      100cc

<作り方>
小鍋に切り干し大根と水を入れ、10分ほど弱火で煮込んだらできあがり。

茶こしでこして、煮汁を飲むようにしてください。オススメは空腹時です。朝飲むようにするといいかもしれませんね。

執筆者:
室谷 真由美

LINE@で美LAB.を

友だち追加数