彼との結婚に悩む女性必見!今は不安でも結婚後に良い旦那へと変貌を遂げる男性の特徴 彼との結婚に悩む女性必見!今は不安でも結婚後に良い旦那へと変貌を遂げる男性の特徴
画像出典: fotolia

こんな彼で大丈夫?今は不安でも結婚後に「良い旦那」に変わる男性の特徴

2017年05月06日
結婚を控えた女性の中には、不安や恐怖心から“マリッジブルー”に陥る女性も珍しくはありません。また、その症状も人によりさまざまで、結婚後の生活や仕事に不安を抱く人もいれば、「本当に彼と結婚しても大丈夫?」と相手に対する不安を抱く女性だっているでしょう。でも、何も不安に思うことはありません。交際中や結婚前にダメな一面が見えていた男性が、結婚を機に理想の旦那へと変貌するケースもあるのです。そこで今回は、今は不安要素が多い彼でも、結婚後に良い旦那となる男性の特徴についてご紹介いたします。

自分の意見を曲げず頑固な部分がある

プライドが高い男性の中には、頑なに自分の意見を曲げず、頑固な部分が目立つ人もいます。そのように他人の話に耳を傾けず、自分の意見を第一に尊重する彼だと、うまく結婚生活を続けられるか不安に思うかもしれません。

しかし、自分の意見を曲げない頑固な一面は、言い換えれば、常にパートナーをリードし、頼りになる存在でもあると言えます。

結婚生活という今までとはまったく違う暮らしの中で、大きな選択肢や悩みが生まれたとき、そのようにはっきりと物事を言える彼がそばにいると、その存在が大きな支えとなります。特に物事に対してポジティブな目線から意見を言える男性であれば、些細なトラブル程度では動揺せず、解決策を見出してくれるはず。

扱いが難しく、自分の意見を曲げない頑固者の男性も、結婚生活という大きな選択肢が多い環境の中では、頼りがいのなるパートナーとして、あなたの支えとなってくれることでしょう。

頼りになる男性のイメージ
画像出典: fotolia

季節のイベントを始めとした恒例行事を嫌う

誕生日やクリスマス等を始めとしたイベント行事が大好きな女性も多いはず。その反面、男性はそのような季節事のイベントを面倒に感じ、避ける傾向があります。中には、交際中の彼が一緒にイベントを楽しんでくれないという状況に不満を抱く女性もいるのでは?

しかし、多くの男性がイベント事を嫌うのには理由があります。それは「彼女にプレゼントをあげないといけない」「彼女を喜ばせるサプライズをしないと」という無言の圧力がかけられてしまうから。そのプレッシャーがイベントに消極的となる原因をつくっていたのです。

ただ、結婚後のイベントは交際中と違い、「相手のために何かをしなければ」ではなく、「家族全員で楽しむ」ことが主な目的となるため、男性もイベントにおけるプレッシャーから解放されます。

今まではイベント事を避けがちだった彼も、結婚し、子どもが生まれることによって毛嫌いしていたイベントを楽しむ余裕ができるはず。それを機に良き夫、良き父へと変わってくれる可能性もあるのではないでしょうか。

誕生日パーティーをするイメージ
画像出典: fotolia

「自分は子どもが苦手」だと思い込んでいる

男性の中には「何となく子どもが苦手」という考えを持つ人も珍しくはありません。そんな子ども嫌いの男性がパートナーであると、自分たちに子どもができたとき、かわいがってくれるのか不安に思うこともあるでしょう。

でも、実は「子どもが苦手」と思い込んでいる独身男性ほど、自分に子どもが生まれると途端に子どもを溺愛する良きパパへと変貌を遂げる可能性が高いのです。

そもそも、子どもがいない独身中に「子どもが苦手」だと思うのは、「子どもとの接し方がわからない」「言うことを聞いてくれなさそう」など、悪い先入観ばかりを抱いているから。

そのため、実際に自分の子どもが生まれ、かわいさや愛おしさという感情が生まれると、それまでの悪いイメージが大きく変わり、途端に子ども好きになるケースもあります。要は、悪いイメージが良いイメージへと変わり、そのギャップから途端に子ども好きになるのです。

独身男性の「子どもが苦手」は勝手な先入観や思い込みが原因となっています。でも、実は自分が知らないだけで、本来は子ども好きである場合も珍しくはないのです。

子供が好きなイメージ
画像出典: fotolia

結婚生活で彼の欠点が長所に変わる可能性もある

どれだけ好きな相手であれ、直して欲しい性格や気が合わないと思う部分が目につくこともあります。でも、その欠点が結婚を機に変わり、結婚生活においてメリットとなる可能性だってあるのです。

交際中の彼との結婚を意識し始めたときや、婚約後にマリッジブルーに陥ってしまったときは、物事を悪い方向ばかりに考えず、一度、見方を変えてみてはどうでしょうか。欠点だと思っていた彼の一面も、結婚生活においては重要な長所となるかもしれませんよ。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数