断わり文句とは限らない!男性の「忙しいから」に隠された本音とは? 断わり文句とは限らない!男性の「忙しいから」に隠された本音とは?
画像出典: fotolia

脈なしとは限らない!男性の「忙しいから」に隠された本音とは?

2017年05月03日
多くの男性がお誘いの断り文句として使う「仕事が忙しいから」の一言。せっかくデートに誘っても、「忙しいから」の一言で断られてしまうと、女性としてはそれ以上どうしようもありません。でも、この「忙しいから」にはさまざまな本音が隠されています。なにより、状況によってその意味も大きく変わってくるのです。では、男性の「忙しいから」に隠された本音とはどのようなものなのでしょうか。

「忙しい」以外にも曖昧な断り方をするのは“会う気分じゃないから”

まず、一番多いであろう「仕事が忙しいから」を遠まわしの断り文句として使う場合。このケースを見極めるためには、その他の断り方にも注目してみましょう。

たとえば、他に都合が良い日を訪ねて「まだ予定がわからない」と言われたり、改めてお誘いをする旨を伝えると「僕の方からまた連絡するよ」と提案されたり。このように他の問いかけに対しても曖昧な断り方をする場合は、ただ仕事を言い訳に断っているだけだと思って良いでしょう。

「忙しい」以外にも曖昧な断り方をしてくる様子には、「君と会う気分じゃないから」が男性の本音が隠されているのです。

気が乗らないイメージ
画像出典: fotolia

女性の気持ちを聞いてくるのは“駆け引きを楽しんでいるから”

仕事を理由にお誘いを断ったあと、男性の方からいろいろと質問を投げかけてくる場合は、多少なりあなたに気があり、駆け引きを楽しんでいる可能性があります。

「僕のためにわざわざ時間をつくってくれたの?」「どうして僕を誘おうとしたの?」など、あれこれ聞いてくるのは、あなたの本気度をはかろうとしている証拠でもあるのです。実際はそこまで忙しくないにもかかわらず、一度断ることにより、あなたの気をさらに引こうとしているのかもしれません。

同時にこのような駆け引きができる男性は、女性慣れしており、遊び感覚で楽しんでいる可能性もあります。相手の男性が本気であるか、ただの遊びなのかの見極めだけは間違えないようにしましょう。

後から電話やメールを入れてくれるのは“本当に仕事が忙しいから”

その気のない女性からお誘いをされたとき、男性は仕事を口実に断ってしまいがち。当然、嘘の言い訳を使ってまでお誘いを断っているのですから、わざわざ相手の女性に自分から連絡をとることもしないでしょう。

しかし、相手が本命の女性となると男性の対応も変わってきます。お誘いを断わった後に「せっかく誘ってくれたのにごめんね」「今度こそ食事に行こうね」とフォローの電話やメールを入れてくれるのは、次のチャンスを逃したくないから。本音はあなたからのお誘いを受けたくて仕方なかったのです。

脈ありのイメージ
画像出典: fotolia

もし、断わられた後に男性側からのフォローが入れば、本当に仕事が忙しいだけで、脈ありの可能性が高いと思って良いでしょう。

状況や発言から彼の本音を見極めよう

男性が口にする「仕事が忙しいから」という一言には、さまざまな本音が隠されています。そのため、「勇気を出してお誘いをしたにもかかわらず、仕事を理由に断られた」とすぐに落ち込む必要はないのです。

もし、仕事を理由にお誘いを断られた場合は、その時の状況や発言から、彼の本音を見極めるようにしてみましょう。本音を読み取ることができれば、今後のアプローチ方法に関しても対策を立てることができるはず。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数