心境をBGMで語られても……。男性から重い女だと思われる大人女性のLINEプロフィール 心境をBGMで語られても……。男性から重い女だと思われる大人女性のLINEプロフィール
画像出典: fotolia

うわ、重い!男性がドン引きする大人女性のLINEプロフィール

2017年04月29日
スマホでLINEを開くと、真っ先に目に入るのが知り合いの連絡先が表示される『友だち』画面。昨今では、プロフィールアイコンを始め、自分をアピールできる様々なサービスが提供されています。そして、そのように目に入りやすく、相手をよく知れる部分であるからこそ、ときにLINEのプロフィール画面は周りから見た自分の印象を大きく左右するのです。そこで今回は、大人女性が避けるべきLINEのプロフィールについてご紹介いたします。

BGMに失恋ソングを設定する

LINEでは事前にBGMを設定すると、友達がプロフィール画面を開いたときにその曲を聞くことができます。このサービスでは曲を設定することにより、その人がどのような音楽を好むかを知ることができるため、自分をアピールするには積極的に活用したいツールでもあります。

とはいえ、設定する曲が女性の失恋を歌ったバラードであると、周りからは未練たらしい女性だと思われる可能性も。また、明るい恋愛ソングを設定していたかと思えば、急に失恋ソングに変えるなど、そのときの心境によりBGMをころころ変えしまうのは、典型的な重い女である証です。

LINEでBGMを設定するときは自分の好みだけで選ばず、くれぐれも選曲に注意するようにしましょう。

失恋のイメージ
画像出典: fotolia

ステータスメッセージの一言が重い

LINE内にはステータスメッセージと呼ばれるサービスも存在します。このサービスでは、今の気持ちや状況を入力することにより、そのひとことメッセージがプロフィール画面に表示されます。簡単に設定もできるため、LINE内の知り合いに近況を伝えたいときなどに利用している人も多いはず。

ただ、こちらもBGMの選曲と同様、重い一言やつらい心境ばかりを書きつづっていると、見た人を不快な気分にさせる可能性があるのです。

なにより、ステータスメッセージを使い、「会いたいのに会えない」「好きすぎてつらい……」など、大人女性が自身の恋愛を赤裸々に語るのは、精神的に幼い印象を与えます。途端に恋愛に依存している重い女としても見られてしまうでしょう。

ステータスメッセージでは、見ている人が明るい気持ちになる一言を入力するように心がけましょう。

定期的にアイコンの写真を変える

LINEのプロフィールで一番重要なのが、好きな写真を設定できるアイコンとホーム画面。自身の顔写真を設定している人もいれば、景色やペットなどの写真を使う人も多くいます。

そんなアイコンとホーム画面にどのような写真を使うかは、人それぞれ。ただ、あまり頻繁に写真を変えすぎると自己主張が強く、重い女として見られる可能性があります。

自撮りするイメージ
画像出典: fotolia

特に頻繁にアイコンを変え、それが毎回自身のキメ顔写真であると、自分大好きなナルシスト女性である印象を与えます。そこから、恋愛でも自分の思い通りにいかないと納得できない重い女に見えてしまう場合もあるでしょう。

良い写真が撮れるとアイコンやホーム画面を変えたくなる気持ちもあるでしょうが、頻繁に写真を変え、自分が大好きであるアピールをすることは避けましょう。

第三者目線で考えたプロフィールを

ネットが普及した現代では、SNSを始め、自分をアピールできる場が増えつつあります。もちろん、LINEのプロフィール画面も自分を知ってもらうためには打ってつけの場のひとつとなるでしょう。

ただ、使い方によっては周囲に悪い印象を与え、イメージダウンにつながる可能性もあります。自分の印象を悪くしないためにも、LINEのプロフィールは第三者目線で考え、設定してみましょう。そして、魅力的なプロフィール画面に仕上げることができれば、男性からの連絡も自然と増えるはずです。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数