もう何年も付き合っているのに……。男性がなぜか結婚を意識できない女性の特徴 もう何年も付き合っているのに……。男性がなぜか結婚を意識できない女性の特徴
画像出典: fotolia

男性が「結婚を意識できない」と考えてしまう女性の特徴3つ

2017年04月17日
一年、三年、五年と交際期間が長くなるにつれ、多くの女性は自然と結婚を強く意識し始めます。そのため、彼から結婚に対して消極的な態度を見せられると、途端に不安を感じてしまうのではないでしょうか。でも、もしかすると結婚に前向きになれない原因は、彼ではなく自分自身の中にあるのかもしれません。あなたの何気ない言動や習慣が、彼に結婚を決意できない原因を与えている可能性もあるのです。

彼氏や結婚に過度な期待をしている

長年交際を続け、結婚を強く意識し始めると、その思いは言動にも表れてきます。特に女性の場合は、結婚に対して大きな理想や夢を持つ傾向があるため、幸せな未来予想図を思い浮かべる瞬間も増えることでしょう。

とはいえ、その過度な期待が彼のプレッシャーとなっている可能性もあります。実現できない期待を押しつけられることは、男性にとって重荷にしかならないのです。

間違っても「そろそろ彼がプロポーズをしてくれるはず」「結婚後は幸せな生活を共にしてくれるはず」など、期待を抱きすぎることはやめましょう。その期待が言動となり彼に伝わると、ますます結婚を意識しづらい状況が生まれるかもしれません。

二人の結婚を実現させるには、自分だけでなく、彼の意見や気持ちを尊重してあげることも大切なのです。

女性が期待するイメージ
画像出典: fotolia

“やめるやめる詐欺”の常習犯である

一度身についた癖や習慣を直すのは、簡単にできることではありません。「いつかはやめなければ……」と頭では思っていても、なかなか実行にうつせないときだってあるでしょう。

でも、その「やめたいけどやめられない」という習慣があなたの婚期を遠ざけている可能性もあるのです。

「ボーナスが出ると散々してしまう」「面倒くさがり屋だからいつも部屋が散らかっている」など、悪習慣から抜け出すつもりはあるけど、実際には行動にはうつさない。そんな“やめるやめる詐欺”が続くと、彼もあなたとの将来に良いイメージを抱けません。「一緒に暮らしても、口だけで実際に行動にうつすことはないのでは?」と結婚前から彼に不満を与えることになるのです。

これからは、一度、「やめる」と決意したのであれば、言葉だけでなく実際の行動にもうつす意志の固さを見せましょう。その行いひとつで、あなたとの彼も結婚に良いイメージが抱けるはず。

母親と友達のように仲が良い

女性の中には、母親と友達のように仲の良い関係を築く人も珍しくはありません。きっと、自分が大人の女性になったからこそ、母親と分かり合えることも増え、今まで以上に絆が深まってきたのでしょう。

しかし、その母親との関係に彼を巻き込んでしまうと、途端に結婚の道が閉ざされかけてしまうのです。

母親と仲が良いイメージ
画像出典: fotolia

特に彼との食事に母親を同伴させたり、彼との行動を逐一母親に報告したりなど、度を超えた行動は彼に疲れを感じさせるだけ。結婚後もこのような生活が続くと思うと途端に嫌気がさすでしょう。

また、母親との絆が強すぎると、結婚後に夫婦間のトラブルがあった場合、そこに彼女の母親が介入し、余計に問題が大きくなる可能性もあります。

母親と仲が良いことは決して悪いことではありませんが、親子の関係と恋人との関係は全くの別物であることを理解し、お互いの関係をごちゃ混ぜにしないよう心がけましょう。

結婚の妨げになる悪習慣とは縁を切ろう

長年交際を続けていると、相手の良い部分だけでなく悪い部分も見えてきます。もちろん、誰にでも長所や欠点はあるのですから、彼の前で悪い部分だけを隠す必要はありません。

ただ、彼にプレッシャーを与えたり、結婚の妨げになったりする習慣だけは改めていくようにしましょう。一度、自分自身の言動を見直し、彼の結婚に対する悪いイメージを払拭することができれば、おのずとプロポーズを受ける日も近づいてくるはずです。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい