なぜかダメンズとしか付き合えない。男を見る目がない残念女性が持つ特徴3つ なぜかダメンズとしか付き合えない。男を見る目がない残念女性が持つ特徴3つ
画像出典: fotolia

なぜかダメンズとしか付き合えない。男を見る目がない残念女性の特徴3つ

2017年04月14日
「いつも彼氏が浮気をする」「言い寄ってくるのはダメンズばかり」など、なぜか幸せな恋愛を掴むことができない独身女性たち。このようなダメ恋愛が続くと、新しい恋に対しても臆病になってしまうのではないでしょうか。でも、もしかするとその原因は、自分の男を見極める目に隠されているのかもしれません。そこで今回は、男を見る目がない残念女性が持つ特徴についてご紹介いたします。

男性のアピールポイント(長所)だけを見る

職場の面接などで必ずと言って良いほど聞かれる、自身のアピールポイント。おそらく、誰もが自分の長所とも呼べるアピールポイントをひとつは持っているはず。

そして、このアピールポイントは、恋愛においても異性から好感を持たれるための強みとなり、同時に相手を知るための重要な材料にもなりえます。

とはいえ、初対面の場で男性のアピールポイントにしか目がいかない女性は要注意。特に容姿やスタイル、肩書きや財力などの強みに弱い女性は、無意識のうちにダメ恋愛を繰り返す傾向があります。

恋をするイメージ
画像出典: fotolia

そもそも、このタイプの女性は容姿や肩書きなど、相手にとって一番の長所とも呼べる部分だけを見て、好意を寄せます。そのため、交際が始まってから初めて彼の悪い部分を知ることになるため、関係が長続きしないのです。

交際してすぐに「こんな人だとは思わなかった」と後悔し、短命恋愛を繰り返す女性は、交際前に相手の長所だけでなく短所も知り、そのうえで相手を見極めるようにしましょう。

男性の第一印象だけで性格を決めつける

初対面の場において、第一印象は相手を知るための重要な判断材料となります。とはいえ、あくまでもそれは“第一”の印象。ぱっと見だけで相手のすべてを知ることはできません。

それにもかかわらず、女性の中には、第一印象だけで相手の考えや性格を勝手に決めつけてしまう人もいます。そして、そのような女性こそ、男を見る目がない残念女性である可能性が高いのです。

一瞬の印象だけで「この人は優しいはず」「彼女を大切にするタイプだ」などと決めつけ、交際してしまうと、前項目の『男性のアピールポイント(長所)だけを見る』と同様、後に本当の彼の姿を知ることになります。その結果、「こんな人だとは思わなかった」と一気に気持ちが冷め、破局を迎えることになるでしょう。

破局するイメージ
画像出典: fotolia

初対面の印象も大切ではありますが、相手のことを知りたいのであれば、第二印象、第三印象もしっかり見るようにしましょう。

交際して自慢できる相手を選ぼうとする

女性同士が集まる場では、ときに恋人を自慢し合うこともあります。いかに自分の彼氏が優れているか、大切にしてくれるかを同性に自慢することで、優越感を抱く女性も珍しくはないのです。

そのため、「相手を好きであるか」ではなく、「相手と付き合って自慢できるか」を基準に交際相手を選ぶ女性もいるでしょう。とはいえ、このように自分にとってのメリット重視で交際相手を選んでいては、本当の幸せなど手に入りません。

なにより、周りが羨ましがる男性であるということは、同時に他の女性にとっても魅力的に見える男性であるということ。言い換えれば、放っておいてもモテる男性であるため、浮気症である可能性もないとは言い切れないのです。

「周りから羨ましがられたい」という理由だけで交際相手を選んでしまうと、後に彼から浮気をされ、そこからダメ恋愛という名の負の連鎖が続いてしまうことになるでしょう。

恋愛に不満のイメージ
画像出典: fotolia

メリットではなく素直な感情で相手を選ぼう

男を見る目がない女性は、相手との相性や居心地の良さではなく、“自分に対するメリット”重視で男性を選んでしまう傾向があります。おそらく、「この人と付き合えば周りに自慢できる」「彼なら私の欲求を満たしてくれる」という点だけで、交際相手の男性を選んでいるのでは?

そして当然のことながら、そのようにメリット優先の恋愛では、本当に大切な相手と出会うことはできません。これからは頭ではなく感情で動いて、自分と気の合う相手を探していきましょう。それにより、過去のダメ恋愛からもすんなり卒業することができるはずです。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数