美しい日本語を使うための第一歩は「挨拶」 美しい日本語を使うための第一歩は「挨拶」
画像出典: fotolia

内面まで美しい!幸せな空気をつくりだす「挨拶の言葉」

2017年04月09日
「美しい」という言葉の意味をご存知ですか?「美しい」という言葉を聞くと、外見をイメージする人が多いと思いますが、ココロ弾む春という季節を迎えましたので、外見以外の部分にもフォーカスしてみましょう。2017年は「美しい心の女性」を目指しましょう!

「美しい」の意味

「美しい」という言葉の意味をご存知ですか?

☆愛らしい。可愛い。いとしい。
☆形・色・声などが快く、このましい。きれいである。
☆行動や心がけが立派で心を打つ。
☆潔い。さっぱりしていて余計なものがない。(広辞苑 第5版より抜粋)

「美しい」という言葉を聞くと、外見をイメージする人が多いと思いますが、外見以外の内面部分にもフォーカスしてみましょう!

美しい人のイメージ
画像出典: fotolia

発信するすべてが、「その人の表現力」となり、人となりとなる

心の中にある思いを人に伝えるために必要なものは「言葉」。日本で暮らす私たちは主に日本語を使い、コミュニケーションをとっています。

家族と、友人と、恋人と、職場の同僚と、職場の上司と・・・・etc。

メールやSNS等も多く用いますが、やっぱり良好な関係を築くには直接お話しすること。(メールやSNSも、長所を生かした使い方が出来たらいいですね)

その時に、お互いが温かい気持ちになれる、幸せな空気に包まれる、すると自然と良好な関係が築けたり、スムーズな仕事へ進められる等、そのためには相手が受け取って心地好い言葉使いが重要です。

美しい日本語を使うための第一歩は「挨拶」

新しい出会い、新しい人間関係がスタートする春。是非この機会に、ご自身の言葉遣い、挨拶言葉に意識を向けましょう。

「おはようございます」
一日のスタートは、この言葉から始まります。爽やかに、前向きな、えがおの心で朝はスタートしましょう。そのためには、明るく、えがおで、いつも自分から先に!

「いってらっしゃい」
何事もなく、帰ってこられますように・・という思いが込められている言葉です。言葉の意味に沿った笑顔で明るく言いたいものです。

ご自宅で家族に対して、職場で上司、同僚に向けても同じです。気持ちよく送り出しましょう。言われた人は、えがおでお出かけできます♪

挨拶をするイメージ
画像出典: fotolia

見た目の美しさ=外見を磨くことはとっても大切です!そこにプラスして、ご自身が発する言葉に意識して、人の言葉にも少しだけアンテナを立ててください。美しい言葉を使うと、自分の心も美しく感じますよ。

内面も「美しい心の人」として、さらに素敵な女性を目指してくださいね(^_-)-☆

執筆者:
室屋 佳子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数