【ヨガ】生理痛・生理不順・冷えにも効果的?女性におすすめの簡単ヨガポーズ 【ヨガ】生理痛・生理不順・冷えにも効果的?女性におすすめの簡単ヨガポーズ
画像出典: fotolia

【ヨガ】生理痛・生理不順・冷えにも!女性におすすめの簡単ヨガポーズ

2017年04月04日
こんにちは、コラム二ストの愛子です!ヨガのポーズって言うと、なんだかちょっと難しそうと感じられるかもしれませんが、普段の生活にさらっと取り入れられる簡単なポーズもたくさんあります。今回はその代表とも言える合せきのポーズをご紹介します。

合せきのポーズ(バッタ・コーナ・アーサナ)

バッタ=とらえられた、コーナ=角という意味で、インドの靴職人の方の座り方が元となっています。

(1)両足を前に伸ばして座ります。下半身を安定させておきましょう。
(2)両ひざを曲げ足裏を合わせます。
(3)両膝を開き床へ近づけましょう。足を体のほうへ引き寄せ、かかとを恥骨の前に置きます。

(4)両手で、足先をつかみ、息を吸いながら背筋を伸ばします。両ひざはなるべく床に近づけます。目線を鼻先か正面に向けて、数呼吸キープしましょう。

(5)息を吸ってさらに背筋を伸ばし、息を吐きながら体を前に倒します。可能なら、頭、鼻、顎を順に床に付けてみましょう。無理をせず倒せるところまでで結構です。

合せきのポーズのイメージ
画像出典: fotolia

注意点と期待出来る効果

【注意点】
・座ったときに、腰が丸まらないように、意識して骨盤を立てましょう。
・辛く感じるころまで股関節を開いたり、前屈したりしないでください。イタ気持ちいいところでキープしましょう。
・呼吸を止めずに、ゆったりとした呼吸を続けながら行いましょう。

【期待できる効果】
・骨盤周りの血行の改善
・股関節の柔軟性が増す
・生理痛や生理不順の改善
・腎臓の健康を保つ
・膀胱を健やかに保つ
・坐骨神経痛の改善
・ヘルニアの防止

健やかな骨盤のイメージ
画像出典: fotolia

横たわった合せきのポーズ(スプタ・バッタ・コーナ・アーサナ)

このポーズは、寝転んだ状態でもできます!

(1)仰向けになり、両ひざを立てましょう。
(2)両ひざを開き、足裏を合わせます。両ひざは無理のない範囲で床に近づけます。
(3)両手をお腹の上に乗せ、心地良い呼吸を続けましょう。

おわりに

テレビを観ている間や、ベッドに寝転んでから眠りにつく前などにおすすめ。日常生活に取り入れやすいポーズだと思います。頑張らずに体のケアが出来るので、ぜひお試しください!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数