本気で美白ケアをしたい人は成分を見ている!簡単美白成分表 本気で美白ケアをしたい人は成分を見ている!簡単美白成分表
画像出典: fotolia

本気で美白ケアをしたい人は成分を見ている!簡単美白成分表

2017年04月02日
「ホワイト」と謳われているから、となんとなくその化粧品を購入していませんか?本気で美白を目指したいのであれば、成分表から見るのがおすすめ。どんなものが美白成分なのかをご紹介します。

謳い文句に惑わされないで!成分表をしっかりと見ましょう

「○○ホワイト」・・・。いかにも美白効果がありそうな商品名ですよね。しかし、実際には美白成分が入っていないという化粧品が存在するのも確か。ただイメージから化粧品を選んでいるのであれば、もったいない!成分表をきちんと見て、美白成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

また、注意点はまだあります。美白化粧品だからといって、ライン使いすればその商品全てに美白成分が配合されているとは限りません。多くの商品は、化粧水よりも美容液に配合されているのです。ライン使いをしているから安心、というわけではありません。それぞれの商品の成分表を見てみてくださいね。

化粧品を確認するイメージ
画像出典: fotolia

代表的な美白成分はコレ!成分表に入っているかチェック

4MSK、もしくは4-メトキシサリチル酸カリウム塩と書かれているものは美白成分です。メラニンの抑制効果があるといわれています。チロセナーゼの成熟を阻害するのがマグノリナン。チロセナーゼを抑制する働きがあるものがプラセンタエキスです。

ビタミンC誘導体も美白成分。ビタミンCを肌に浸透しやすい形に変えたものです。アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールも美白成分です。その他、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸などもあります。

薬用以外の成分としては、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、ハイドロキノンがあります。油溶性甘草エキスは、肌が弱い方にもおすすめですよ。一方ハイドロキノンは皮膚への刺激性があるので必ずパッチテストをしましょう。

これらは全て厚生労働省が「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」またはこれに類似した効能のある成分として認めたものです。

化粧品のイメージ
画像出典: fotolia

これからは本気の美白ケアができる!?成分表を見る癖をつけて

このように、美白成分にはさまざまなものがあります。覚えるのは大変でしょうから、メモしておくのも良いかもしれませんね。美白化粧品を購入する際のお供にしてみてくだいね。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数