20代・30代・40代ではどのような肌変化があるの?年代に合ったおすすめスキンケア 20代・30代・40代ではどのような肌変化があるの?年代に合ったおすすめスキンケア
画像出典: fotolia

20代・30代・40代で肌は変わる!年代に合ったおすすめスキンケア

2017年03月29日
年齢を重ねるにつれ、肌の状態が変わってきた…。そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?実際にはどのような変化があるのかを理解し、あなたに合ったスキンケアを心がけてみて。きっと肌は応えてくれるはずです。

肌トラブルが少ないのは何で?〜20代前半の肌〜

20代前半は、角質層の潤いがしっかりと保たれています。これが、外的刺激から肌を守る役割をしており、肌トラブルが少ない所以であるのです。真皮のコラーゲンの構造もしっかりとしていて、肌弾力があります。しかし、ついつい無理な生活をしてしまいがち。このため、肌荒れやニキビを引き起こしてしまうことがあります。

この年代ではUVケアをしっかりとするのがベター。肌老化の大きな原因となるといわれているUV対策を怠っていると、将来老けてしまうことに…。また、極端なダイエットや睡眠の乱れなどに注意しましょう。

UVケアのイメージ
画像出典: fotolia

あれ?今までとは違う…〜20代後半の肌〜

25歳をピークに、女性ホルモンの一つ、エストロゲンが減少し始めます。このエストロゲンは、肌の若々しさを保つ秘訣。これが減少することによって、乾燥や小ジワなど、今までにはなかった変化が見られるようになるのです。

エストロゲンは加齢だけではなく不規則な生活やストレスによっても減少します。規則正しい生活を心がけましょう。スキンケアは、保湿に重点を置いてみて。ビタミンC誘導体が入ったスキンケア用品を使い始めるのも良いでしょう。即効性はあまり期待できませんが、長く使用するとシミやシワ、ニキビなどの予防になります。美白効果も期待できるのでおすすめです。

攻めのスキンケアが必要に〜30代の肌〜

30代になると、肌のターンオーバーが低下してしまうことがあります。角質層が厚くなり、くすみなどの原因に。同時にセラミドも減少していきます。セラミドが減少すると、肌の乾燥が気になるようになるでしょう。コラーゲンも減少し、肌弾力が失われていきます。

こうした老化のサインが見えてくるのが30代。攻めのスキンケアをしてみてはいかがでしょうか?ピーリングを取り入れて、ターンオーバーを促します。また、レチノール配合のスキンケアを使うと、コラーゲンを増やしてシワ予防になりますよ。

ピーリングのイメージ
画像出典: fotolia

どんどん肌老化が加速してしまう…〜40代の肌〜

この年代になると、これまで蓄積されてきた紫外線のダメージが出始めます。シミやシワが急に出てくるのもこれが原因です。また、コラーゲンの弾力が失われ、ほうれい線や眉間のシワ、毛穴のたるみが出てきてしまいます。

40代になると、より攻めのケアをするのがおすすめです。定期的にピーリングを行い、ターンオーバーを促して。レチノールも引き続き効果が期待できそうですが、皮膚科に行ってレチノイン酸を処方してもらうのも手です。医薬品なのでレチノールよりも高い効果が期待できるのです。

あなたの年代に合ったスキンケアを

このように、年齢によって肌状態が異なります。そして、それに対するスキンケアも変わってくるのです。適切なケアをしていると、美肌を保てるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数