春の紫外線対策はパウダリーファンデーションを使うと良い!?簡単UV対策とは 春の紫外線対策はパウダリーファンデーションを使うと良い!?簡単UV対策とは
画像出典: fotolia

【簡単UV対策】春の紫外線対策には「パウダリーファンデーション」を!

2017年03月26日
夏ほど強い紫外線が降り注いでくるわけではない春。だけど、紫外線は確実にあなたをおびやかしています…!肌への負担を押さえながら、簡単にUV対策ができる方法をご紹介します。

春は紫外線がどのくらい降り注いでいるの?

紫外線は、大きく分けて二つ。一つ目は、シワやたるみを引き起こす原因のひとつになるUV-A。もう一つは、日焼けやシミ・そばかすの原因のひとつになるUV-Bです。老化の80%は紫外線の影響(米国皮膚科学会調べ)だといわれています。

UV-Bは、7、8月に特に強く降り注いできます。3月辺りから急激に上昇していくのです。そして、あなどってはいけないのがUV-A。4〜9月まで強い期間が続くのです。春先だからと油断してUV対策を怠ってはいけないのです!

紫外線のイメージ
画像出典: fotolia

日焼け止めの適切な量、知っていますか?

これからどんどん紫外線に気を遣わなくてはいけなくなる時期。まずは、日焼け止めの適切な量を知っておきましょう。

顔全体に塗る場合、500円大程度の量を塗ると充分な効果が期待されるといわれています。実際にはその半分、もしくはもっと少なかった、という方はここから見直してみましょう。

パウダリーファンデーションを使ってUV対策してみよう!

日焼け止めを上記の量で塗るのも良いですが、多くの量を塗るとベタつきの原因になってしまいますよね。そこで、おすすめなのがパウダリーファンデーションを使うことです。UVケア用のものであればより好ましいですが、そうでなくても大丈夫。パウダリーファンデーションには、紫外線錯乱剤と同様の効果が期待できるからです。

パウダーファンデーションを塗るイメージ
画像出典: fotolia

まず、スキンケア用品でお手入れをしてください。保湿成分がたっぷり配合されているものがおすすめです。パウダリーファンデーションで粉浮きしてしまいやすい方は、ここで保湿クリームを塗ってみてくださいね。

10分程度時間を置き、パウダリーファンデーションを顔に塗っていきましょう。化粧下地はあえて使わずに塗ってみて。最初は粉っぽさが気になるかもしれません。しかし、次第に皮脂が出てきて馴染んでくれますよ。

パウダリーファンデーションでのUV対策は、肌にも優しくて手軽なのでおすすめです。この季節はぜひ、この方法を試してみてください。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数