運命の出逢い!彼が将来の夫になる可能性 運命の出逢い!彼が将来の夫になる可能性
画像出典: fotolia

これって運命?“将来の夫”に出逢う前兆とは

2017年03月27日
きっと一度は将来の結婚相手について妄想したことがあるでしょう。生涯に一人だけの結婚相手との運命の出逢いはいつ?どこで?どんな人?いずれ出逢う時が来るとはいえ、未来を少しのぞいてみたくなる気持ちになりますよね。10代の頃から少女マンガの愛読者である私も特に“運命”という言葉に弱い女性でした。そんな私が実際に夫となる人に出逢った時の経験や友人エピソードを踏まえて、今回は将来の夫となる男性に出逢う時の前兆についてご紹介いたします。

1. 大きな転換期直後に出逢った

十数年前に「ビビビ婚」という言葉が流行しましたが、運命の人に出逢った瞬間にビビッと来た!という感覚を経験し、実際に結婚に至ったカップルも実は多いみたいですね。

ですが、ビビッと来るという感覚自体が曖昧で分かりづらい印象。特に人の感覚なんて都合が良いものですから、イケメンに出逢っただけでビビっと来てしまうものです。

私を含む、友人既婚者の話を聞いた中で有力だった説は、転換期の後に来る出逢いでした。

よく大失恋の後には大恋愛が待っていると言われますが、言わばそういったものです。この他にも恋愛だけでなく、仕事が大きく変化した・引っ越しをした等、自身の価値観や環境が大きく変化した後に出逢う異性は、何やら特別なお相手かもしれません。

恋愛のイメージ
画像出典: fotolia

2. その気がなくてもトントン拍子に進む

こちらは私の経験談によるものですが、正直出逢った直後はビビビと来たどころか、ただの知人の一人くらいにしか捉えていませんでした。そして、初めてデートをした後でも同じ感情…。

好きになる要素が当初からあった訳ではなかったのですが、気づけば付き合いがスタートし、段々と好きな気持ちが増してきて、付き合って4ヶ月後には結婚の話が進み、何の問題もなくトントン拍子に話が進むことになりました。こういった経緯もあり、結婚はタイミングがモノを言うなと改めて感じたのです。

自分の感情よりも先に物事がスピード展開していくようであれば、実はその相手が運命の方の可能性もありそうです。

食事をするイメージ
画像出典: fotolia

大きな変化がやって来たら、出逢う男に注目!

人生には大きな転換期というのが幾つかやってきます。引っ越し・転職などの物理的なことから、失恋などの精神的な変化によるものまで、隅々に渡って自分の身の回りや感情の変化に敏感になってみてください。

すると、その変化に応じて出逢う人の質や環境が変わります。そこで出逢った直後の異性はもしかするとアナタにとって特別な相手かも!

その時、アナタにその気がなかったとしても是非一度、機会があれば食事へ。思わぬ展開でトントン拍子にコトが進んでしまうかも…?

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数