停滞した関係はもう終わり!デートに進む3STEP 停滞した関係はもう終わり!デートに進む3STEP
画像出典: fotolia

停滞した関係はもう終わり!デートに進む3STEP

2017年03月21日
停滞した関係は、正にぬるま湯につかるような居心地の良さ。ですが、どんなに仲が良くてもデートをしたことがなければ、結局はただのお友達。うだうだと今の関係に甘んじていたら、全く別の誰かに取られてしまうことだって考えられます。今回は、そんな友達以上恋人未満の関係を進展させる、初デートへの3STEPをご紹介いたします。

STEP1. 休日は何をしているのかを聞く

当たり障りのない会話の切り口としてあるのが「休みの日は何をしているの?」という質問。筆者もホステス時代はよくこの質問をされましたし、したこともあります。そして多くの男性はこの質問に対して「いや~、休日はもうゴロゴロしているよ。」でした。

特定の趣味がある男性以外はほとんど「何もしてない」or「家でゴロゴロ」というお返事ではないでしょうか。気になる彼にこの質問をして、上記のように返ってきたらお休みの日のデートに誘いやすい口実が出来ますよね。

また、休日に予定がいっぱいの男性でも、その用事に興味を示すことで一緒に連れて行ってくれる可能性があるのでプライベートに踏み込んだ質問を投げかけてみましょう。

男性の休日の様子
画像出典: fotolia

STEP2. 期間限定のイベント行事を見つける

彼の休日スタイルを把握したら、次はデートの下調べ。どこに行くか、何をするかは明確である方がデートの誘いを受けやすいです。というのも男女が二人きりで出かけるとなると、やはりお互いそれなりに意識しますよね。

ここで、相手に失礼のないようにとプランを練ったり、お店選びに迷ったりしないようにと考えること自体、実はとてもストレスがかかります。なので、お誘いをする前にある程度こちらでデートプランを考えておく方がベスト。中でもオススメなのが期間限定のイベントです。

冬の季節ならスケートリンクやいちごフェア、桜の季節になればお花見がありますよね。このような季節に絡めたイベントや美術展などの展示物は、“今”行かないと終わってしまうという理由がデートを誘う良い口実になるのでオススメ!

スケートをするイメージ
画像出典: fotolia

STEP3. 誘い方は「理由」づけが大事!

いきなり「デートしましょう!」だと自分はもちろん、相手も気構えてしまいます。理由なくデートに誘い誘われるようになるには、何度か回数を重ねた後のこと。初デートはやはり“理由づけ”が大きなカギとなってくるでしょう。

例えば、「映画見に行かない?」と「割引券貰ったから、一緒に映画見ない?」というと、何となく後者の方がすんなりOKしてくれるような気がしませんか?割引券をもらったからといって、彼と一緒に行く正当な理由ではないのに、「〇〇だから〇〇しない?」と言われると不思議に納得してしまうものなのです。

先にお伝えしていたような期限付きのイベントや展示会、上映期間が終わる間近の映画などは誘うのに充分な理由づけになるので是非、活用してみてくださいね。

映画のチケットのイメージ
画像出典: fotolia

待つだけでは、やっぱりダメ!

相手の出方を待っているだけでは進展は望めません。それどころか、機を逃してしまうと結ばれるはずの縁もキレイになくなってしまうもの

自分からキッカケをつくり、それらしく誘いデートへ自然に持って行く。難しく思えますがコツと段階さえ覚えれば簡単♡是非試してみて下さいね。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数