ハーフ顔より東洋美人♡日本人に似合うアジアンビューティの作り方 ハーフ顔より東洋美人♡日本人に似合うアジアンビューティの作り方
画像出典: fotolia

ハーフ顔より東洋美人♡日本人に似合うアジアンビューティのつくり方

2017年03月11日
最近ではハーフタレントが豊富に輩出されていたり、外国人風メイクがトレンドのど真ん中。西洋人の美しさは、私達が生まれながらにして持ち得ない魅力だからこそ惹かれてしまいます。しかし、憧れる一方でご自身の持つ魅力を活かさないのは勿体ないとは思いませんか?海外の女性もまた、日本人の持つ美しさに憧れているのです。今回は日本人ならではの魅力を活かした、アジアンビューティになるための2つの極意をお伝え致します。

一重まぶたを活かしたキリリメイク

目細工などというアイテムが生まれるほど、私達は一重を嫌う傾向があります。それはそうですよね、腫れぼったい瞼よりもくっきりと掘りの深い二重の方が断然魅力的です。

しかし、せっかくなら無理矢理二重を作るよりも、一重を活かしたキリリメイクに切り替えてみてはいかがでしょうか?日本人はアイラインを太めに引いて、目尻にスモーキィカラーを入れるモードメイクの方が実は似合います

涼やかな切れ長アイは海外の女性では表現できないエギゾチックな色気があるのです。

エギゾチックな色気のイメージ
画像出典: fotolia

体幹を鍛える

アジアンビューティを作る上で何よりも外せないのは、姿勢です。凛としたという表現が日本人の美徳でもあるように、背筋がしゃんとしている姿はとても美しいです。背筋が伸びているのに、無理がない印象はしなやかに佇む竹のよう。

このアジアンビューティならではの美しい姿勢は“体幹を鍛える”ことで身につけられます。体幹を分かりやすくお伝えすると、体の幹となる胴体のあらゆる筋肉で、バランスの取れた体をつくるに欠かせない箇所です。

メリハリのあるグラマラスボディを作ることより、どんな時でも体の芯がブレない美しさを作ることがアジアンビューティの根源です。

体幹のイメージ
画像出典: fotolia

隣の芝生以上に、自分の芝生を青くしよう。

あまりにも当たり前に持っているからこそ、気づかなかった日本人ならではの魅力。それは涼やかな目、美しいハリのある髪に小柄な体型。海外の人もまた、私達の魅力を羨ましく思っているのです。

憧れを持つのは素晴らしいこと。でも、それだけでなく自分の持っている要素を美しく磨くことも私達には必要なことなのです。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数