自分コンテンツを配信して恋人をつくる方法 自分コンテンツを配信して恋人をつくる方法
画像出典: fotolia

恋愛をマーケティングから学ぶ!理想の恋人に出会える方法

2017年04月07日
仕事の知識は、意外と恋愛に応用できたりします。特に、マーケティングに詳しい人はそれがしやすいと思います。今回の話の主人公は、私の友人。マーケターとして活躍する彼の、とっておきの恋愛術をシェアしたいと思います。

集客の得意な友人

もし、あなたがマーケティングに関係あるお仕事をしているのであれば。今回の話を参考にして、すぐに恋人をつくることができるかもしれません。

というのも、今回の話の主人公はあるマーケターの友人。彼はコンテンツマーケティングをする部署で働いていて、SNSに配信する文章など様々なライティングをしています。コンテンツマーケティングというのは、簡単にいえば読む人にとって「参考になった!」と思ってもらえる文章などを配信して集客し、ファンになってもらう方法のこと。マーケティングというとちょっと構えてしまうかもしれませんが、似たようなことはあなたも普段から体験しているはずです。

例えば大好きなモデルさんのブログを読んで、ますますそのモデルを好きになるということは、経験があると思います。そしてその結果、そのモデルさんの出ている雑誌を買ったり、オススメする美容液を買ったりする。

モデルさんとしては、自分自身のやっていることや気をつけていることをブログに書くだけで、自分の関係のある商品の売り上げが上がるわけです。つまり、双方ともにメリットのあるマーケティング手法といえます。そういった意味では媒体は違えど、以前からある方法といえるでしょう。

コンテンツマーケティングのイメージ
画像出典: fotolia

ナンパは苦手だけれど……

それでは、先ほどの友人の話に戻ります。友人の名前を仮にNさん(男性)としますが、Nさんは自分から声をかけるナンパなどは苦手でした。また、合コンなどのツテもないので出会いに苦労をしていました。

そこで彼は自分のマーケターとしての手腕を活かし、自動的に自分好みの異性が集まってくるような仕組みづくりをしました。具体的には、婚活アプリのなかで自分の考えていることや日々感じたことを日記やツイート機能で綴り、自分好みの異性がそれを見て反応してもらえるようにしたのです。

この方法であればNさん自身が自分から声をかけなくとも、ある意味寝ているあいだでも異性からのアプローチを待つことができます。合コンのように毎回ツテをたどる必要もありませんし、「今回のメンツは好みじゃないなぁ」などと自分の好みと違う異性と時間を過ごす必要もなくなります。

コンテンツマーケティングを恋愛に活かそう

「でも、それって難しいんじゃない?」とあなたは思うかもしれません。確かに彼はマーケターなので、文章などもかなり練って作ることができます。ですが、安心してください。そこまでしなくとも、実生活のなかで応用することもできます。

例えば、フェイスブック。新しく出会った人とは、必ずフェイスブック上で友達になるでしょう。そのときに、あなたの情報が多ければ多いほど、相手はあなたのことを知ることができますよね。それがただ単にどこどこに行った!ということだけでなく、そこに行ってどう感じたかなど、よりあなたのプライベートな心情について書くこともできます。それであればNさんのようにプロのマーケターでなくともできるはずです。

コンテンツをつくるイメージ
画像出典: fotolia

コツは、ただ単にキラキラしたポジティブな投稿だけにしないこと。それだけだと薄っぺらく、あまりに人間味がありません。あなたの人間性を知る上で、参考にはならないでしょう。

ときには真面目に、自分の悩みを投稿してみるのも有効です。あなたがありのままの自分を認めてくれる異性を求めるのであれば、たまにはネガティブなつぶやきをしてみるのも良いでしょう。それで反応してこない異性であれば、元からあなたには合わないということですから。

あなたが反応して欲しい「ただひとり」を想定して書いてみてください。マーケティングではこれをペルソナと言いますが、大勢に対して書くよりもひとりに対して書く方が、あなたの記事はヒットします。なぜなら、その方がより具体的に書くことができるからです。

ぜひ、コンテンツマーケティングをあなたの恋愛にも活かしてみてください。マーケティングにも詳しくなり、仕事にも思わぬ良い影響があったりして、一石二鳥かもしれませんよ。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数